未経験者と初心者のための投資入門

【投資初心者向け】 資産運用5つのコツ☆

トピックスと日経平均株価

資産運用のコツはフルマラソンと同じです♪

こんにちは。

広島のファイナンシャルプランナー佐々木裕平です。

今日も暑いですね。

 

私の少し前の趣味はマラソンでした。

※現在はヒザを壊しているので、マウンテンバイクです。

 

じつは、フルマラソンと投資は共通点が多いのです

今回は、資産運用の初心者が知っておきたい、運用の心構えです。

 

①資産運用もフルマラソンも、目標は「完走」すること!

時折

「むかし、資産運用で失敗してね(笑)」

というお話を伺います。

たいていの方は笑顔で教えてくれます。

 

しかし、この失敗というのは、何でしょうか?

通常は、元本を下回ってしまう事を指すと思われます。

 

ですが、投資の基本は、長期投資です。

その点から見ると、単年や短期間で損失を出してしまう事は「失敗」とは言えません

 

投資とは、マラソンと同じく「完走」することが目標だからです。

 

②「必ず大きく損をする年がある」のが当たり前の世界

「短期間の損失が失敗じゃないなんて、そんなのおかしいよ!」

と思われるかもしれません。

 

ですが、長期的な視野で見ると、金融ショックの年は損失が出ます

分散投資をしていても出ます。

これを市場全体が被るリスクで「市場リスク」と言います。

 

大事なことなのでもう一度言います。

誰が投資をしても、マイナスになる年が必ずあります。

 

そういった意味で、短期間で損失を出すことは、失敗ではないのです。

それを失敗というなら、すべての投資家や機関投資家はみんな失敗者です。

 

大事なのは、損失が出る年に

  • 何ができるか
  • チャンスに変えられるか
  • 安くなっている株などを買える資金は残っているか
  • 損失を最低限にできるリスク分散はできているか

ではないでしょうか。

 

③100m走ではなくて、フルマラソン

投資はフルマラソンみたいなものです。

スタートからダッシュして、100mなどの短距離で1番になっても、

まだ残り4万2000m以上あります。

 

一気に余力を使い果たしてしまっては、

その後のアクシデントに対応できません。

 

投資ではいたずらに、タイムを競う必要はあまりないのです。

なぜなら、通常は、周囲の環境次第でタイム(運用成績)が大きく変わるからです。

 

投資では、平坦なコースばかりではありません。

真夏の灼熱の中、走る日もあるでしょうし

アップダウンの激しい山道が続くこともあります。

 

大事なのは、完走すること。

つまり、長期投資を続行し続けることではないでしょうか。

 

④長く続けるほどにチャンスが増える

また、投資では波があります。

大きなショックの後には、大きな成長が待っています。

 

つまりチャンスです。

100m勝負をしかけていると、大きなショックで力尽きてしまう可能性があります。

マラソンのようにゆっくり走っていると、

何度も何度もチャンスに巡り合います。

 

一見すると、早く走り抜ける方が有利に思えますが、

投資では一寸先が闇です。

ゆっくりゆっくりと、走り続けることが重要なのです。

 

⑤あせって売買しない

売買のタイミングもゆっくりでいいのです。

FXや株式のデイトレードをしていると

スピードが要求されるかもしれませんが、長期投資では必要ありません。

 

値動きが少々動いたくらいでは、問題ありません。

焦らずマイペースで走ることが重要です。

 

まとめ

  1. 投資はマラソンと同じ、短距離のタイムは気にしない
  2. 投資では必ず大きく損をする年がある
  3. だからこそ、ショックに備えた運用をしよう
  4. 大きなショックの後には、大きなチャンスがある
  5. 長期で行うほどに、チャンスに出会う回数は増える

コメントを残す

*