接点ポートフォリオの正体とは何なのか

接点ポートフォリオの正体は、市場平均?

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

 

三か月ほど前から髭を伸ばし始めました。

若く見られるのが、少し困るので(説得力が乏しくなる?)生やしてみた次第です。

 

ただ、コロナウィルスの影響により、新しい生活様式となり、今後数年? 程度は外出時にマスクの着用がマナー化すると予想されます。

そのため、ひげを伸ばしても、外部の方には誰にも気がつかれない、とは思いますが(笑)。

まあ、昔から若く見られるのがコンプレックスの一つでしたので、誰からも見られなくとも、自己満足にはなります(笑)。

 

さて、現代ポートフォリオ理論の分離定理では、

  • 無リスク資産+接点ポートフォリオの組み合わせで、投資家の最適ポートフォリオが作れる

となっています。

 

早い話が、投資家の効用やリスク許容度に関係なく、上記の組み合わせの比率の変化で、どんなのにも対応できまっせ! いや、ホンマに! というわけですね。

 

では、その接点ポートフォリオとは何でしょうか。

 

  • 現代ポートフォリオ理論の推論では、(強引であり、疑問が残るが)次のように展開されるようです。

 

1.すべての投資家は株式投資に関しては、(効率が良いので)接点ポートフォリオを購入する(はず)

2.だから接点ポートフォリオ以外の個別株式は、誰も購入しない(はず)

3.誰も購入しない株式は市場に存在できない(事実)

4.だから【株式市場そのもの=接点ポートフォリオ】となる(はず)

5.すなわち【接点ポートフォリオ=市場の全銘柄の加重平均】(上記が正しければ)

6.それはすなわち、市場平均(=インデックス)である

 

となります。

まあ、早い話が、接点ポートフォリオとは、市場平均のことなのですね。

なるほど。

納得。

そりゃそうだ、という感もあります。

 

ただやはり、1のすべての投資家は接点ポートフォリオを購入するはず、というのは無理がありますね。

だって、少なくとも資産形成を始めたばかりの初心者だった私は、接点ポートフォリオを購入していませんでしたから。

ただ、それでもやはり接点ポートフォリオに至るまでの考え方を見ると、「やっぱり接点ポートフォリオが大事だよね。効率が良いよね」と思います。

それではまた。

関連記事

  1. 投資のリスクは統計学で出したもの! ってどゆこと?

  2. 期待リターンとリスクとは何か?

  3. 投資家の最適ポートフォリオは、個人の効用により異なる

  4. トービンの分離定理とは? わかりやすく解説…できるかな(笑)…

  5. 雑記。ゲーム理論と人の意思決定とリスクの関係の独り言

  6. 株式市場が効率的だとどうなる?

最近の記事

月別投稿記事

PAGE TOP