現代ポートフォリオ理論をわかりやすく|前提はこんな感じ

現代ポートフォリオ理論の前提には効率的市場仮説がある

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

合理的な資産形成を考えると、欠かせないのが現代ポートフォリオ理論です。

 

現代ポートフォリオ理論とは

現代ポートフォリオ理論って何でしょうか?

正式にはModern Portfolio Theoryというそうですが。

これは1960年代にハリー・マーコウィッツ先生(Portfolio Theory)やウイリアム・シャープ先生が出した研究成果が元になっているものだと思います。

ちなみに両名ともノーベル経済学賞を受賞しています。

ほかにもノーベル経済学賞を受賞した先生たちの理論がてんこ盛りになっているものを、総称して現代ポートフォリオ理論と呼ぶ、とここではします。

つまり、現代の理論的な投資に欠かせない考え方、というわけですね。

現代ポートフォリオ理論で大事なものをわかりやすくいうと?

いくつか現代ポートフォリオ理論を語る上で欠かせないものがあると思いますが、筆者が個人的に、個人の資産形成において欠かせないと思うのは次のようなものです。ちなみに→はわかりやすくいうと、こんな感じ、という乱暴なイメージです。

  • 分散(ポートフォリオ効果)→分散するとリスクが下がるよ
  • リスクと期待リターンの考え方→リスクはリターンの分布で、期待リターンは統計上の平均値だよ)
  • 二基金分離定理によるポートフォリオの考え方→①安全資産と②リスク資産(株式の市場平均)の二つですべての投資家に対応できるポートフォリオができるよ
  • 平均回帰性(ミーン リバージョン)→リターンの分布は散らばるけど、極大・極小にはならないよ! 組み合わせ爆発もあるしね!(これじゃわかりにくいですね)
  • 効率的市場仮説→市場と市場参加者はお利口さんだよね!
  • だから市場の株価などはランダムウオーク理論になる→テクニカル・チャート・ファンダメンタルズなどの分析は時間のムダさ!

 

現代ポートフォリオ理論で欠かせない三つの条件

上記の現代ポートフォリオ理論の特徴の一つに、効率的市場仮説というものがあります。

何でしょうか?

早い話が、市場は賢いはず! というものです。

効率的市場仮説が成り立つには、三つの条件が必要です。

  1. 情報コストがゼロ→ネットの登場で結構すぐに伝わる!
  2. 取引コストがゼロ→先進国の市場では結構安い!
  3. 投資家が合理的に行動するよ→実際は???

 

効率的市場仮説では、参加者の平均が効率的ならそれでいい

上記の条件の①と②は結構現実的です。

でも③の投資家が賢いというのは、?マークです。

平均的な人間は実は、投資がうまく行かないように「脳みそ」ができているからです。

損失回避性があるのですね。

利益には確実性。損失には博打性を求めてしまうのです。

つまり、小さく勝ちやすく、(いつか)大きく負けやすい。

 

市場は完全に効率的でないかもしれないが、概ね効率的であるワケ

でも大丈夫。それでも市場は概ね効率的だといえるかもしれません。

※もちろん「効率的じゃない」という説もたくさんあります。

なぜなら、世界のお金の9割を握っているのが機関投資家、つまりプロだからです。

プロがすごいかどうかは置いておいて、平均的なプロが市場の大半なら、それで結構市場は、効率的になるはずだからです。

現代ポートフォリオ理論をマスターすれば投資で大成功するのか?

基本的には大成功しないと思います。

ただ、大失敗や、ヘンテコな投資方法・うさん臭い投資方法にははまらないで済むと思います。

また、市場に非効率な部分が残っている以上、現代ポートフォリオ理論を完全にマスターすれば、その非効率な部分(多くの投資家が損する場面)で効率的に行動することで、少数の投資家が大きな利益を手にすることができる、かもしれません。

ただ、それはコロナショックやリーマンショック時などの、人の恐怖心・不安が大きく増幅された局面にしか、あからさまにわからない、のかもしれません。

それではまた。

関連記事

  1. 平均回帰性と投資・資産形成の運用の考察

  2. 効率的市場仮説とランダムウオーク理論の関係をわかりやすく!

  3. 資産形成で重要なこと|分散投資とは。ポートフォリオとは。

  4. CAPM(キャップエム)は現実でどんな風に利用されている?

  5. 市場の効率性の段階|ウィーク・セミストロング・ストロング

  6. ブラウン運動とランダムウォーカーの意味と関係とは

最近の記事

  1. 佐々木裕平
  2. 佐々木裕平
  3. 広島県健康福祉センター

月別投稿記事

PAGE TOP