APT(Arbitrage Pricing Theory)裁定価格理論をわかりやすく

裁定価格理論(APT:Arbitrage Pricing Theory)とは

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

本日は裁定価格理論(APT:Arbitrage Pricing Theory)とは、について少しだけ記してみようと思います。

裁定価格理論(APT:Arbitrage Pricing Theory)とは「ただ飯はない」ということ

裁定価格理論(APT:Arbitrage Pricing Theory)とは、「市場が仮に効率的ならばただ飯(フリーランチ)はないよねー」ということです。

どういうことでしょうか。

まず最初に、世の中にはただ飯はない、という点がポイントです。

これは、「うまい話を自分だけ見つけられないよね」ということですね。

まあ、当たり前ですね。

そのため裁定価格理論(APT:Arbitrage Pricing Theory)はノー・フリーランチ理論(無裁定理論)とも呼ばれるようです。

裁定価格理論(APT:Arbitrage Pricing Theory)でのさや取り(裁定取引:Arbitrage trade)とは?

効率的な市場では、「さや取り(裁定取引)ができまへんでー」となっています。

どういうことでしょうか。

別の言い方をすると、「ただ飯(うまいこと)はできまっしぇん!」ということです。

例えば、私がインターネット上でボールペンを買って、それを高く売ることができるでしょうか。

もしできれば、差額が利益となり(これをさや取りという)あっという間にお金持ちです。

でも現実には、みんなが価格競争をしているので、定価より高くは売れませんよね。

つまりただ飯は食えない。

また仮にボールペンの価格が低迷しているのなら、そのボールペンを買って、分解して、パーツを高く売ることができるはずです。

この場合も、もしできれば差額が利益となり、(さや取りできる)あっという間にお金持ちです。

でも現実には、もしそうなればあっという間にボールペンの価格が定価に戻って、やっぱり儲けられません。

やっぱりただ飯(ノー・フリーランチ)は食べられません。

金利も為替も、株価も理論上はただ飯が食べられないはず

そのため、金利も為替も、株価であっても、「私だけが有利に儲けられる方法・価格(ただ飯)はないよねー」ということになります。

これが裁定価格理論(APT:Arbitrage Pricing Theory)の前提です。

とっても面白いですね!

それではまた。

関連記事

  1. 投資信託のリスクとリターン

    【外国株式】インデックスファンドは危ない? 有利?

  2. 【奨学金】いくら借りたら、いくら返す? 大学生活はいくら必要…

  3. 国際分散投資の恩恵とは

  4. ランダム・ウォーカーとは、独立したサイコロの目と似ている

  5. 市場の効率性の段階|ウィーク・セミストロング・ストロング

  6. FXや株式投資で出てくるダウ理論とは? 極めれば勝てるのか?…

最近の記事

  1. オンラインセミナー・ウェビナー
  2. 広島 投資セミナー

月別投稿記事

PAGE TOP