雑記。お金があったら幸せ?

人生にお金は必要だけれども?

人生には多くの生活費が必要です。

そのため、閉所では「すべての人に金融リテラシーを」をモットーに活動をしています。

同時に、私はできるだけお金の勉強をするようにしています。

 

そんな中、ジェロントロジー(老年学)という学問に出会いました。

その中では、お金はもちろん大事ですが、老後においてはその他の様々なことが大切である、ということになっています。

  • 住宅
  • 家族
  • 趣味
  • 健康
  • 仕事

 

どれも若いときは普通にあるものですが、老後においては、それらが充実していることがとても大事なようです。

これらを勉強していると、「お金って、たくさんあっても老後には、若いときにイメージしていた使い方はできないかも」という思いが強くなってきます。

若いうちは、(人によると思いますが)、車や旅行、立派な家などにお金を使いたがるものかもしれません。

しかし老後においては、それらはあまり必要ではない、というか、体が不自由になり使えなくなってくる可能性があります。

もしかすると、老後のお金の楽しい使い道というのは、「おいしい食事」くらいになるのかもしれません。

・・・などと思う今日この頃です。

 

お金というのは確かに人生において重要ですが、人生の充実度を上げるには、お金だけでなく、その他もろもろに若いときから努力を「積立」ておく必要があるのかもしれませんね。

それではまた。

関連記事

  1. 確実性効果とは? 行動経済学具体例

  2. 行動経済学とは? 投資・資産運用がうまく行かない理由が分かる…

  3. 行動経済学の損失回避性とは?

  4. 行動経済学入門:損失回避性の傾向がある人は、同じラーメン屋の…

  5. 行動経済学おすすめ本

    行動経済学の基本が分かるおすすめ本【セイラ―教授の行動経済学…

  6. 私をケロリと変える 佐々木裕平

    新刊:私をケロリと変える (行動経済学×自己啓発小説)

PAGE TOP