現在性バイアスとは|2つの一例:いまが一番大事なんです!

現在性効果(現在志向バイアス/現在バイアスともいう)とは、いまの時間がとっても大事に見える効果

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

最近、徐々に温かくなり、過ごしやすくなってきました。

とはいえ、まだまだ新型コロナウイルスの影響は、社会に大きな影を落としています。

一日も早くワクチンが全世界にいきわたるといいなあ、と思います。

さて、今回は現在性効果(現在性バイアス・現在志向バイアスともいう)について少し触れてみたいと思います。

子供向け現在性効果の一例「15分待つとマシュマロが2個もらえるよ!」

とある研究の実験では、幼児たちにこんな実験をしました。

  • いますぐ食べるとマシュマロが1つもらえる
  • 15分待つと、マシュマロが2個もらえる

実験では幼児たちの多くは、いますぐ食べられる目先のマシュマロ1個を選択しました。

どうしてでしょうか?

それは(確実ではありませんが)、未来のマシュマロ2個よりも、いまマシュマロ1個の方が「価値が大きい」と考えたからかもしれません。

人は未来の果実より、いまの果実の方が魅力的に見える

目先の利益(食べ物)を重視する。

これは人がまだ野生的な生活をしていた時には、非常に重要な考え方です。

むかしむかしの時代では、いま食べられる獲物や果実を確実に食べておくことが重要でした。

養殖や牧畜・栽培などをして、のんびり数年後の大きな収穫を待っていると、その間に不明確なこと(リスク)が発生すると、死んでしまうかもしれない。

これを避けるためには、そもそも脳の神経回路の構造レベルから、現在の物事に重みをつけるように生きていくことが、生存率を上げる重要な戦略だったのだと思います。

現在のfMRIなどを使った、脳の活動実験でも、それらが徐々に解明されているようです。

大人向け現在性効果の一例「40年待つと、もっと大きなお金になるよ!」

ひるがえって現在の大人版の現在性効果(現在性バイアス・現在志向バイアスともいう)の一例を見てみましょう。

  • 毎月4万円を使って、ハッピーに生きる
  • 毎月4万円をつみたてNISAやiDeCoで積み立て投資して、40年後に6,000万円くらいに大きくしてハッピーに生きる

従来の人の認識では、毎月4万円を使ってハッピーに生きる方が合理的かもしれません。

特に物価が上昇していく高度成長期の日本では、早くお金を使わないと、どんどん現金の価値が小さくなっていくので、早く使った方が良かったかもしれません。

ところが、これからの日本の社会(というか先進国諸国ではどこでも)では、少子高齢化、長寿化が問題になってきます。

早い話が、働けなく(働きたくなく)なってから、長い人で40年くらい時間があるのですね。

これでは貯蓄が早く底をつき、生活が難しくなる人が大勢出てくる可能性があります。

このような世界では、

  • 毎月4万円をつみたてNISAやiDeCoで積み立て投資して、40年後に6,000万円くらいに大きくしてハッピーに生きる

ことが重要になってきます。

すでにアメリカ・イギリス・オーストラリアなどの先進国諸国では、日本のiDeCoやつみたてニーサに当たる制度がスタートしています。

そしてそれらは大きな成果を出しつつあります。

これからの時代、老後にハッピーに生きるには、目の前のマシュマロを我慢できるかどうかが、重要になってくるのかもしれません。

関連記事

  1. 行動経済学一例 保守性とは

  2. 経済学:効用最大化行動ってなーに?

  3. いまさら聞けない!|分散投資すると、いいことあるの?

  4. 人は損失において、悪い選択肢がある時、リスク追求的になる|行…

  5. 人生100年時代の資産形成の課題とは?

  6. 仕事のスケジュールに組み入れるべきは資産運用ではなく、「運動…

月別投稿記事

最近の記事

  1. 金融教育研究所・お金の学校
  2. 金融教育研究所・お金の学校
  3. 金融教育研究所・お金の学校
  4. 金融教育研究所・お金の学校
  5. 金融教育研究所・お金の学校
PAGE TOP