初心者のための投資入門

ドルコスト平均法をわかりやすく図解

ドルコスト平均法は初心者にお勧め

ドルコスト平均法ってなに?

初心者におすすめされる方法が、ドルコスト平均法ですが、

本当におススメなのでしょうか?

 

(結論を先に言いますと、基本的におすすめです)

 

丁寧に解説してみたいと思います。

 

 

投資の基本を再確認

まず、投資の目的は、利益を手にすることです

 

これは誰でも共通の目的です。

 

そのためには、「掟(おきて)」があります。

それは、 「安い時に買って、高い時に売る」ということです。

(売りから入る方法もありますが、初心者には向かないので割愛します)

とはいえ、

初心者には安い時がいつなのかわからない

ので、困ってしまいます。

 

そこでおすすめされるのがドルコスト平均法です。

ドルコスト平均法のメリット

ドルコスト平均法はザックリいうと

「毎月、同じ日に、同じ金額で、同じ金融商品を買い続ける」という運用方法です。

 

メリットとしては、

  • 安い時にはたくさん買える
  • 高い時には少なく買う
  • 結果として、高値掴みを回避できる
  • つまり、購入価格を平均化できる

 

ですが見方を変えるとドルコスト平均法には、少々突っ込みどころがあることが分かります。

どこでしょうか?

 

 

(?_?)「ドルコスト平均法のどこがおかしいの? 

高値掴みが回避できるし、購入価格も平均化できるから、いいじゃない!」

 

はい。

 

基本的にドルコスト平均法は優れています。

ドルコスト平均法を否定するわけではありません。

 

 

ただ、もう一度、冷静になって、ドルコスト平均法の説明を見てみましょう。

高い時には少なく買う

 

この「高い時には少なく買いますから」部分、できれば回避したいところです。

 

当たり前ですが、高い時に買わない方が運用成果は良くなりますね。

 

とはいえ、いつが安い時か判断できないのですから、仕方ありませんが。

 

まあ、これはドルコスト平均法にずっとついて回る、メリットとデメリットなのです。

 

 

投資対象にも注意が必要です。

また、ドルコスト平均法での投資対象にも注意が必要です。

 

長期的に見て、成長しない分野に投資をすると、

続けるほどに損失が出やすくなったり、思ったほど利益が伸びないかもしれません。

 

そして、ドルコスト平均法で買った後は、いつか売却をしなければいけませんね。

 

その時に、投資対象の価格が大きく下がっていては、

いくら平均価格をならしていても、成果が見込めないかもしれません。

 

結果がトントンでもあまりよくないです。

 

せっかく大きなリスクを背負って投資をしていたのに、

見返りが少々では、不利な投資です。

 

もちろん、普通分配金などの再投資により、

複利効果で増えることはありますが、

元本割れのリスクをせっかく背負っているのですから、

それに見合うリターンがないと、残念な投資なのではないでしょうか。

 

ドルコスト平均法をする際には、

投資対象が将来的に右肩上がりになるかどうかをよく考慮しましょう。

 

急がば回れのインデックス投資

金育研究所では、Modern Portfolio Theoryを軸とした

合理的な長期分散投資の基礎から具体的な運用方法までを

個別相談にて、解説・ご提案しています。

資産運用セミナー

金育研究所

 

 

投資をしたことがない人にもわかりやすく解説します。

また、未経験者・初心者に投資の基礎が学べる

投資の入門セミナーも定期的に行っております(有料)。

投資セミナー会場 広島

お気軽にお越しください

お客様のレベルに応じてご参加いただけます。

 

 

日程が合わない・・・・・・

  • 「日曜日になかなか時間が取れない」
  • 「未経験者・初心者だからセミナーについていけるか不安・・・」

 

そんなかたは、個別相談をご利用ください。

 

また、企業・団体・授業向けの出張セミナーも承ります。

 

お気軽にご相談ください。

 

投資セミナー 依頼

 

 

 

顧客利益の最優先

 

金育研究所メニュー

トップ

投資セミナー

個別相談

ご挨拶

書籍&メディア情報

よくある質問

アクセス

個別相談 料金

人気の投稿とページ

最近の投稿

コメントを残す

*