初心者のための投資入門【おすすめ】

ドルコスト平均法をわかりやすく図解

 

投資の基本を再確認

まず、投資の目的は、利益を手にすることです。これは誰でも共通の目的です。

そのためには、「掟(おきて)」があります。それは「安い時に買って、高い時に売る」ということです。

(売りから入る方法もありますが、初心者には向かないので割愛します)

とはいえ、

初心者には安い時がいつなのかわからない

ので、困ってしまいます。

 

そこでススメするのがドルコスト平均法です。

ドルコスト平均法はザックリいうと

「毎月、同じ日に、同じ金額で、同じ金融商品を買い続ける」という運用方法です。

売り手が口にするのは、「安い時にはたくさん買えて、高い時には少なく買いますから、結果として、高値掴みを回避できます。つまり、購入価格を平均化できるのです」

 

ですが見方を変えるとドルコスト平均法には、突っ込みどころがあることが分かります。

どこでしょうか?

 

 

(?_?)「ドルコスト平均法のどこがおかしいの? 高値掴みが回避できるし、購入価格も平均化できるから、いいじゃない!」

 

もう一度、冷静になって、ドルコスト平均法の売り手の説明を見てみましょう。。

高い時には少なく買う

 

はい。これがおかしいところです。

まず、「高い時には少なく買いますから」という部分がおかしい。

高い時に買わない方が運用成果は良くなりますね。

まあ、これはドルコスト平均法にずっとついて回る、メリットとデメリットなのです。

 

 

投資対象にも注意が必要です。

また、ドルコスト平均法での投資対象にも注意が必要です。

長期的に見て、成長しない分野に投資をすると、続けるほどに損失が出やすくなります。

 

 

 

そして、ドルコスト平均法で買った後は、いつか売却をしなければいけませんね。

その時に、投資対象が大きく下がっていては、

いくら平均価格をならしていても、成果が見込めないかもしれません。

 

結果がトントンでもダメです。

せっかく大きなリスクを背負って投資をしていたのに、

見返りが少々では、不利な投資です。

 

もちろん、分配金などの複利効果で増えることはありますが、

元本割れのリスクをせっかく背負っているのですから、それに見合うリターンがないとまともな投資ではないのではないでしょうか。

 

ドルコスト平均法をする際には、

投資対象が右肩上がりに将来なるかどうかをよく考慮しましょう。

 

急がば回れのインデックス投資

金育研究所では、Modern Portfolio Theoryを軸とした

合理的なインデックス投資の基礎から具体的な運用方法までを軸に

投資・資産運用の個別相談にて、ご提案しています。

 

確定拠出年金やつみたてニーサにも使えます。

ちなみに、2017年現在、

つみたてニーサの金融庁指定銘柄は120本中

およそ9割がインデックス投資信託です。

 

それだけインデックス投資信託は、

個人の資産形成に向いているのです。

 

投資をしたことがない人にもわかりやすく解説します。

また、未経験者・初心者に投資の基礎が学べる

投資の入門セミナーも定期的に行っております(有料)。

 

「投資が怖い」

「投資で失敗したくない」

「ハラハラドキドキしたくない」

「一攫千金ではなく、着実に資産を形成したい」

そんな方は、どうぞお気軽にご利用ください。

 

MPTに基づくインデックス投資の特徴
  • 掘り出し物を探す必要がない
  • 値段・値動きがわかりやすい
  • 買い時と売り時に悩むことがない
  • 短期的に売買しない
  • ハラハラドキドキしなくて済む
  • 長期投資・分散投資ができる
  • 「個人の才覚は運用結果と無関係」

 

金育研究所メニュー

トップ

投資セミナー

個別相談

ご挨拶

書籍&メディア情報

よくある質問

アクセス

個別相談 料金

コメントを残す

*