雑記。リスクと効用。

リスクと効用は人それぞれ。

こんにちは。

広島のファイナンシャルプランナー、金融教育研究所の佐々木裕平です。

今日はリスクと効用についての独り言です。

 

リスクとは、危険性であったり、統計上の値動きの振れ幅であったりします。

そして効用とは、いろんな意味がありますが、精神的な価値観です。

これは経済学や金融経済学ではおなじみの言葉です。

 

それと同時に、これほど、一人一人異なる「認識」を持つものは珍しいのかもしれません。

例えばリスク。

ニンゲンの中には、リスクが大好きな人もいます。

リスクが大きければ大きいほど、うれしい。と思う人もいるのです。

反対に、リスクは小さければ小さいほどいい、というヒトもいます。

 

そして効用。

効用も人さまざまです。

一円当たりの生み出す効用は人それぞれです。

例えば、資産が10億円あるひとがいる、とします。

その人のお給料が毎月五千円増えても、たぶん、ほとんどうれしくない、と思います。

一方で、初任給が12万円の人がいるとします。もちろん貯金はゼロ。

その人のお給料が毎月五千円増えたら?

たぶん、ものすごいうれしいと思います。

どちらも増えたお金は同じ五千円

それなのに両者が一円あたりから得られる効用(精神的な価値)は全く異なります。

 

リスクと効用が異なるからこそ、投資ではチャンスがあるのかもしれない

このように、リスクと効用は人それぞれで異なります。

そのため、同じリスクの投資であっても、ある人は値下がりで売り、ある人は値下がりした時に笑顔で安く買えます。

この場合は、後者の人がチャンスをつかみました。

効用もそうです。

お金から得られる効用が大きい人は、大きなリターンを望むかもしれません。

その反面、その行為はハイリスクになるかもしれません。

効用が小さい人は、大きなリターンを望まないかもしれません。

その結果として、ローリスクな行為に直結するかもしれません。

 

どちらが良いか、はどちらが効用が高いか、により異なるのかもしれません。

もちろん経済学上は、効率よく大きくする方が良いのかもしれませんが。

 

人はそれぞれ異なる。

それだからこそ、人には不要、無駄と思われる事柄にも価値があり、人生が面白いのかもしれません。

そしてその面白さは、やはりその人その人にしかわからないのかもしれません。

それではまた。

 

関連記事

  1. 雑記:高校時の思い出と高校に図書寄贈

  2. 雑記:投資から資産運用へ

  3. 奨学金制度とは? どんな種類がある? 給付型と貸与型の違いに…

  4. 【奨学金】いくら借りたら、いくら返す? 大学生活はいくら必要…

  5. 不動産の投資セミナーへ行く前に読んでほしい話

  6. 雑記。効用とは何か

PAGE TOP