資産運用裏話

株式投資の初心者が読むべき本は

私のおススメは、この二人の作者です。

・池上彰さん

・山崎元さん

 

売り手じゃない人の本がお勧めです。

 

このお二方の書いている投資関連の本なら、まずは外れがありません。

池上彰さんは、テレビ番組でもおなじみですね。

山崎元さんは、一般には馴染みがないかもしれませんが、非常にまっとうな意見が多いです。

お二人とも、たくさんの本を出していますので、Amazonで検索してもらえば、すぐにあなたにピッタリの本がヒットするでしょう。

 

 

反対に、初心者が読まない方が良い本はこんな感じの本です。

・数年でウン千万円儲ける!

・資金ゼロでも資産ウン億円!

・証券会社の社員が書いた投資入門本

・売り手の書いた投資信託の本

・週刊や月刊の投資の雑誌

 

何が違うか、お分かりになりますでしょうか?

 

前述の池上彰さんや山崎元さんは、

・売り手じゃない

 

つまり、収益源が、販売手数料などではなく、読者の満足度に比例します。

反対に、後者のタイプは、

・売り手である

 

すなわち、収益源が、株式などの販売手数料なのです。

どういうことか?

それは、情報が偏る、ということ。

 

売り手は、お仕事ですから、とにかく、相手が買いたくなるような文章や商品をおススメしてきます。

ですが、実は投資は、いつでも買えば儲かる・・・というものではありません。

ですが、それを正直に読者に解説していては、彼らの収益が減ります。

ビジネスですから、それは別にかまいません。ですが、投資初心者が、それらの偏った情報を鵜呑みにするのは、とても危険です。

投資をまったくしたことがない人は、不安がいっぱいです。

私もそうでした。

なにしろ、いままで学校などで習ったことがありませんから。

これから、投資を始めようかと考えている人は、ぜひ、池上彰さんや山崎元さんなどの、

売り手ではない人の本から、投資の情報を学ぶことをお勧めします。

コメントを残す

*