小説の書き方の勉強中・涼宮ハルヒの憂鬱の感想:一言ブログ:2022/7/4

こんにちは。金融教育研究所の佐々木裕平です。

最近、書籍の書き方について、小説形式というものも面白いな、と感じています。

でも、小説にはほとんど詳しくありません。

普段はビジネス書や統計・確率・資産運用・量子力学・経済学など、あまり小説と関係ない本ばかり読んでいます。

そこで、今更ながら、涼宮ハルヒの憂鬱といういわゆる涼宮ハルヒシリーズの1冊目を読んでみました。

細かいことはネタバレになるので書けませんが、一言で感想を言うと、

「とても面白かった」

です。

物語の視点・誰目線なのか、きっかけ、物語の展開の仕方、予想を裏切る展開につぐ展開、クライマックスへの盛り上がり、意外な結末。

小説を書く上で、「面白さとはこういう流れだ」というものが良く学べる本だと思いました。

それではまた。

関連記事

  1. 小説の奥深さと楽しさ 一言ブログ2022年6月14日

  2. 金融教育×ライトノベル ご依頼いただければ幸いです n2

  3. landscape photograph of body of water

    労働者+資本家=一番楽しい説 f6

  4. 日本ビジネス書新人賞なるものがあるそうです:一言ブログ:20…

  5. 不動産投資とリート(REIT)

    初心者が知っておきたい不動産投資の基礎(広島 セミナー)

  6. ほったらかし投資は気にしないのがコツ:一言ブログ:2022/…

PAGE TOP