債券投資とは?|GPIFは国内債券をどうする?

GPIF・年金機構は世界最大規模の資産運用法人

GPIFとは、いわゆる公的年金を運用する団体です。

そのGPIFが外国債券の投資枠を拡大する、という報道を先日目にしました。

外国債券を減らして、国内債券を増やす

端的に言いますと、外国債券に対する投資枠を増やして、国内債券の比率を高める、という内容のようです。

なぜこのようなことをするのでしょうか?

マイナス金利政策により、国内債券のメリットが薄れている

その理由として、国内のマイナス金利政策が挙げられます。

日本銀行のマイナス金利政策では、日本国債の利回りがマイナスで推移します。

つまり、増えにくいのですね。

その反面、利回りが上昇した時には、価格が下落する可能性があります。

また、日本国債を購入しても手数料を支払うことにより、運用資産が目減りしてしまいます。

すなわち、あまりメリットがありません。

そこで、外国債券の比率を上げることによって、運用の期待リターンをあげようとするものだと考えられます。

広島・投資・資産運用セミナー 定期的に開催中

広島市の金融教育研究所では、定期的に投資・資産運用セミナーを開催しています。

金融・保険商品の販売・勧誘・斡旋は一切していません。

初心者の方でも安心して受講していただけます。

どうぞお気軽にご参加ください。

関連記事

  1. 【公的年金はいくらもらえるの?】厚生労働省の年金財政検証8/…

  2. 金融リテラシーの向上がお金持ちになる方法・投資・資産運用・第…

  3. 顧客利益の最優先

    金融リテラシーとはなんのこと? 今後も普及・向上に努めてまい…

  4. イデコ・つみたてニーサのお金の増やしかた金融教育研究所の佐々木裕平

    紹介動画②公開のお知らせ

  5. 東京証券取引所

    失業手当と雇用継続給付 どちらが金額はお得?ざっくり計算

  6. 【普通社債】はおすすめ?債券投資とは【メリット】6点解説

PAGE TOP