債券投資とは?|GPIFは国内債券をどうする?

GPIF・年金機構は世界最大規模の資産運用法人

GPIFとは、いわゆる公的年金を運用する団体です。

そのGPIFが外国債券の投資枠を拡大する、という報道を先日目にしました。

外国債券を減らして、国内債券を増やす

端的に言いますと、外国債券に対する投資枠を増やして、国内債券の比率を高める、という内容のようです。

なぜこのようなことをするのでしょうか?

マイナス金利政策により、国内債券のメリットが薄れている

その理由として、国内のマイナス金利政策が挙げられます。

日本銀行のマイナス金利政策では、日本国債の利回りがマイナスで推移します。

つまり、増えにくいのですね。

その反面、利回りが上昇した時には、価格が下落する可能性があります。

また、日本国債を購入しても手数料を支払うことにより、運用資産が目減りしてしまいます。

すなわち、あまりメリットがありません。

そこで、外国債券の比率を上げることによって、運用の期待リターンをあげようとするものだと考えられます。

広島・投資・資産運用セミナー 定期的に開催中

広島市の金融教育研究所では、定期的に投資・資産運用セミナーを開催しています。

金融・保険商品の販売・勧誘・斡旋は一切していません。

初心者の方でも安心して受講していただけます。

どうぞお気軽にご参加ください。

関連記事

  1. ビットコインとは?2018年今後の展望は?

  2. 【普通社債】はおすすめ?債券投資とは【メリット】6点解説

  3. 1000万円の資産運用|元本保証の4つの内容をガッチリ理解!…

  4. 百万円投資

    個人投資家になる方法 100万円投資するなら、どうする?

  5. 広島のファイナンシャルプランナー(FP)【講演・セミナー】

  6. ランキング5位

    初心者にお勧めの資産運用の本 3つの見分け方

PAGE TOP