見えるお金と見えないお金・小学生・金融教育・授業第22回【お金の学校】

こんにちは。金融教育研究所の佐々木裕平です。自動文字起こしを使用していますので、誤字脱字があります。

 

はいこんにちは金融教育研究所の佐々木雄平です
総額西武てお金の学校今日のお話は
見えるお金と見えないお金についてです
皆さんがですね普段使っているお金というのは見えるお金が多いんじゃないかなと思い
例えば1円玉であったり5連打前500円玉というもの
また人によってはですね千円札五千円札一万円札というものを使ったことがある人も
いるかもしれません
この見えるお金触っているをからですね触れるお金っていうものは特徴がありますそれ
重みがあるっていうことなんですね
1円玉が軽石500円玉は重い
円札よりも5000円10000円の方が数字が大きいというのが
体感的にわかるわけですね
でもう1つ特徴があって使ったら無くなっちゃうという特徴があります
当たり前じゃないかって思うんですけどもこれがすごくすごく大事なんですね
例えばお小遣いが宣言がありますで
欲しい本があるとしてですねそれを買ってしまうと
お金がなくなっちゃう
そのそういう時ってよく考えるんですね人ってこれを買ったらもう今月の小遣い繊維が
なくなっちゃう
本当に今の私に必要なものなんだろうか
もっと安くということはないかなとか色々考え
その結果お金をつく
とがとっても上手になっていきます
これが見えるを彼らの特徴なんです
でも一方ですね見えないお金っていうのが最近どんどん出てきています
例えばクレジットカードです
クレジットカードやスマートフォンでのですねを変える
レジとかでピッとやったらもう外ものができてしまうものです
これも仕組み的にはですねさっきの見えるお金と同じなんですね
カードとかお父さんやお母さんがですねコンビニとか
レストランでピッと
カードリーダーに通してお金を払いますけれどもアレだ
銀行から電子的にですねお金が引かれていくわけですね
お金が減っていくわけですでも見えないんですね私たちの目にはその他音の流れが見え
ないし
減ったなという実感が
飽きにくいんですね
言えないお金というのは持ち運びがすごく便利で簡単にお支払いができてとっても便利
なんですけども見えない
重みがわきにくい感じにくいという特徴があります
そのためですね見えないお金にはですね慣れないうちは注意が必要です
あるホームセンターさんがですね大規模な調査をしたところによりますと
見えるお金でお買い物をしたチームはですね
お金が減っちゃいますから慎重にお買い物をするんですねこれを買っても
本当に必要かな必要なものだけ顔いう風にお金の使い方がすごく上手です
でもいっ
電子マネーで見えないお金で買ったチームはですね
見えるお金で買ったチームよりもなんと2倍もたくさんお金を使うという傾向が分かり
ました
お金が減っだなという感覚がないのでですついついお買い物が乱暴になっちゃうんです
ね雑に買ってしまう
パッパッパッていろんなものを買っちゃっている
金を使いすぎてしまう
いうことがわかっています
だからを
にはですね
あんまりまだ皆さん使う習慣がないかも知れ
そういうときは最初は見えるお金で練習をするとお買い物上手になれると思う
今日のまとめです
言えるお金と言えない
ニールお金は
価値がわかりやすくて大事に使うお金を場前使う生んだり
22枚お金はとても便利なんですが一家にするとたくさんお金を使ってしまうことが
ありますので注意が必要です
お金の話は
困るです最後まで見てくれてありがとうございました
さてココファンらはコマーシャルです金融教育研究者ではですね様々なお金の公営や
相談に対する
いうことを受け付け承っています
記入教育のことでですねをな絵になる方は気軽に金融教育研究者で検索抑えてみて
ください
どうもありがとうございましたさようなら

関連記事

  1. 第3回【お金の学校】子ども向け・おかねもちになったらどうなる…

  2. チャート分析では未来の値動きがわからない理由・お金の増やし方…

  3. 投資と投機の違いをわかりやすく・お金の勉強・初心者・第11回…

  4. どの株式を買えば儲かる?どれを買っても期待リターンは同じなの…

  5. 金融教育・小学生

    第1回【お金の学校】こどもむけ・おかねはどうしてうまれたの?…

  6. 長期分散投資をしたらうまくいく理由・標準偏差・正規分布・統計…

PAGE TOP