つみたてNISA(ニーサ)と一般(普通の)ニーサとは。どっちがいいの?

つみたてニーサと普通のニーサ、どっちを選ぶとお得なの?

現在、ニーサと呼ばれる税制上優遇されている投資制度は3つあります。

  • つみたてニーサ
  • 一般(普通の)ニーサ
  • ジュニアニーサ

この3つです。

ジュニアニーサは、まことに残念ながら2023年末で終了する見通しです。

あるデータによれば、利用者が1000人に一人程度、という数字もありました。

それでは、残る二つの「つみたてニーサ」と「一般ニーサ」どちらが良いのでしょうか。

「つみたてニーサ」と「一般ニーサ」って何が違うの?

最初に、「つみたてニーサ」と「一般ニーサ」の特徴を大まかに記してみたいと思います。

  • 「つみたてニーサ」
  • 年間40万円まで積み立て投資ができる
  • 株式と投資信託が買える
  • 「一般ニーサ」
  • 年間120万円まで投資ができる(じつは積み立て投資もできる!)
  • 特定の投資信託しか買えない

どっちのニーサにするかは、その人の考え方次第

結論を先に申しますと、どちらのニーサが適しているかは、その人の考え方次第、だと思います。

例えば、毎年40万円までしか投資ができない人がいるのなら、つみたてニーサがシンプルに選択肢にあがるでしょう。

40万円以上を投資に回したい、かつ、個別の株式が買いたい、となると一般ニーサが選択肢にあがります。

また、個別の株式投資だけをしたい場合も、一般ニーサが選択肢にあがります。

初心者の方には、つみたてニーサがおすすめ?

投資につきものの認知的なエラーによる損失を防ぎたい場合は、つみたてニーサが適していると、個人的には思います。

資産形成における、たいていの失敗は認知的なエラーではないかと思います。

つみたてニーサには、それを防ぐための仕組みがいくつか施されています。

そのため初心者の方には、つみたてニーサが適しているように感じます。

とは言え、最終的な判断は投資家個人が下すことです。

資産形成の損失は誰も補ってはくれないからです。

広島のマネーセミナーをお探しの方は、お気軽にご参加ください。

弊所では、マネーセミナー「なるほど! お金と投資公開講座」を開催しています。

公開講座では、資産形成の基本から、順序だてて、体系的に学べるように構成に配慮しています。

内容は専門家も学ぶレベルのモノです(時々プロ向けにセミナーを行う機会がありますが、同レベルの内容です)。

ただ公開講座では、初心者の方にとって、わかりやすいようにかみ砕いて解説をしていきます。

資産形成未経験の方や、これから勉強を始めたい方にもおすすめです。

どうぞお気軽にご参加ください。

関連記事

  1. 未来のための積みたてニーサ

    死亡・離婚・破産・解雇、こんな時イデコのお金はどうなる?

  2. 確定拠出年金とイデコ・DC・企業型確定拠出型年金

    イデコとは?(確定拠出型年金の個人型)デメリットも理解

  3. 未来のための積みたてニーサ

    積立nisa(つみたてニーサ)とは? 投資信託で【資産運用】…

  4. 貯金ができない人は運用も視野に入れて考える

  5. 確定拠出年金とイデコ・DC・企業型確定拠出型年金

    公的年金とは?老齢年金や企業年金どう違う?わかりやすく解説

  6. NISAが二階建てになって、上限が総額122万円になる! っ…

最近の記事

月別投稿記事

PAGE TOP