未経験者と初心者のための投資入門

株式投資の初心者が買うべきものは

株式投資の初心者が買うべきものは

何を買うかの前に、いつ買うか? を見極めましょう。

 

「株式投資を始めたい場合、初心者は何から買うべきなのでしょうか」

こんな質問をセミナーではよく受けます。

しかし、じつはこの質問の前にしてほしい質問があります。

 

それは「いつ買ったらいいの?」です。

まず、大切なのは、「いつ買うか」なのです。

 

なぜか?

 

それは、何を買っても、買い時でなければ大体、損をする傾向にあるから。裏を返せば、買い時であれば何を買っても得をする傾向にあります。

 

たとえば、池上彰さんの著書によるとサルに銘柄を選ばせた場合と、投資の専門家に銘柄を選ばせた場合で、運用成果に差が出るかどうかを検証した実験があったそうです。

結果は・・・まさかの「ほとんど差がない」でした。

 

もちろん、サルが天才だったわけではありません。株価というものは、通常は景気の波に連動するように動くから、同じ時期に買えば、大体同じような結果になるモノなのです。

さあ、それをふまえた上で、

何を買うか?

大きく3つの選択肢があります。

 

①個別の株式を単品で買う

②株式がたくさん入った投資信託を買う

③株式がたくさん入ったETF(上場投資信託)を買う

 

多くの人がイメージする株式投資とは、おそらく①でしょう。しかし、これは初心者にはお勧めできません。理由は大きく3つ。

・価格が高く、分散投資に向かない(仮に50万円の株なら、10買うと500万円の資金が必要)

・倒産や不祥事で急落やゼロになるリスクがある

・値動きが激しく、初心者には読めない(もちろん上級者にも読めませんが)

 

そのため、初心者が買うべき株は、②と③に絞られますが、私は③のETF(上場投資信託)をおススメしたいです。なぜか?

その理由は、②の投資信託と③のは良く似ていますが、コスト面で③の方が有利だからです。

 

いずれの投資対象にせよ、大切なのは、いつ買うか? です。

焦って勢いで買ってしまわないようしましょう。

経済の波を読むことがポイントです。

コメントを残す

*