いまさら聞けない!割引現在価値をわかりやすく3つの点で解説

割引現在価値とは、未来のお金をいまの価値になおしたもの

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

今回は、資産運用の基本の1つについてみてみたいと思います。

それは割引現在価値(わりびきげんざいかち)という考え方です。

割引現在価値ってなんでしょうか?

ポイント1:割引現在価値をわかりやすく言うと、未来の価値をいまの価値になおしたもの

割引現在価値とは、未来の「ある金融商品(例えば株式)」の価値を、現在の価値に直した(割り引いた)ものです。

ここがわかっていると、投資と投機(いわゆるギャンブル・ばくち的な投資)との違いが判ります。

さて、この「現在の価値に直した(割り引いた)」というのは、どういうことでしょうか。

一例を見てみましょう。

ポイント2:割引現在価値のわかりやすい一例

  • 未来のお金:利回り0.01%の銀行預金の一年後の100.01円

ここでは未来のお金が100.01円の価値があります。

では、この未来の100.01円のいまの価値は?

  • いまのお金100円

はい。このように、100円です。

この場合、未来の100.01円のいまの価値は100円なのですね。

これは放っておけば一年後に100.01円に確実になるのですから、いまは100円の価値が正しい、ということでもあります。

ちなみに、一年後に確実に利回り5%になる金融商品があったとします。

この場合、仮に一年後の時価総額が105万円なら、現在価値は100万円ということになります。

ポイント3:割引現在価値は映画の前売り券と似ている?

この割引現在価値を身近な例でいうと、映画の前売り券が挙げられます。

映画の公開前に前売り券を買うと、少し安い価格で買うことができますね。

ただ、上映期間内に見に行けなくなると、無価値になってしまいます。

これは未来の不確実なことの責任を負う代わりに、少し安い価格でその価値を手に入れたことになります。

資産運用の割引現在価値では、損しない金利+リスク分だけ割り引かれる

この「未来の不確実なことの責任を負う代わりに、少し安い価格でその価値を手に入れた」というのは、資産運用でも同様です。

  • 未来の不確実なことの責任を負う→株式などのリスクを背負う
  • 少し安い価格でその価値を手に入れる→未来の理論株価から割り引かれた、現在の株価(市場が効率的な場合、すでにその価格になっていると考えられる)

株式投資での資産運用の場合、先ほどの銀行の金利(正確には長期金利)のほぼゼロ%プラス「リスク分の金利」分、割り引かれると考えられています。

これはつまり、いま投資すると、理論上は「損しない金利+リスク分の利回り(株式の場合、5~6%程度?)」だけ儲かる、ということを意味しています。

投資とは

もちろん未来は不確実ですから、ブレます。このブレ幅がリスクです。

そして、理論上の「損しない金利+リスク分の利回り(株式の場合、5~6%程度?)」のことを

  • 投資家の要求リターン
  • (または)期待リターン(リスクの平均値:よく起こるであろうリターン)

と呼びます。

市場が効率的な場合、どちらも等しくなると考えられます。

割引現在価値がわかると、資産運用はもっと合理的に思考できる

まとめます。

割引現在価値とは、未来の価値から、リスク分や金利分だけ、割り引いた「今の価値」です。

長期での分散投資の場合、これは非常に重要な考え方です。

なぜ?

つまり、長期間分散投資をするということは、将来得られる大きなお金を安く今手に入れられる、ということ。

すなわち、将来お金が大きくなる、ということを意味しています。

短期的な売買(投機的)では、割引現在価値はない

パソコンの前に座って、頻繁にカチカチやる作業(テクニカル分析)ではどうでしょうか。

それはギャンブルです。

短期的に売買をするので、割り引かれた価格で売買しません。

その時の、次の瞬間の丁半ばくち・上がるか・下がるかだけで行うゼロサムゲームです。

金融庁や厚生労働省のつみたてニーサやiDeCoでは、割引現在価値の方(投資)です。

将来の大きなお金を、いま安く買う、それが長期分散投資なのかもしれません。

それではまた。

 

 

関連記事

  1. ETFの銘柄一覧を日本銀行の周辺に行ったついでに手に入れよう…

  2. 投資・資産運用のシミュレーターを学校でやれば、いいことあるか…

  3. 不動産投資 失敗

    不動産投資 アパート経営で成功・失敗? 落とし穴ある?

  4. 不動産投資のリスクとは?初心者が知っておきたい【6つのポイン…

  5. 初心者向けの株式投資の勉強

    社員持ち株会(自社株投資とは)メリットは?売却すべき?買うべ…

  6. 初心者向けの株式投資の勉強

    株式投資・投資信託||初心者向けの勉強【損益通算とは?】

PAGE TOP