業務上必要な小説の書き方の勉強と涼宮ハルヒの憂鬱:一言ブログ2022年6月19日

こんにちは。金融教育研究所の佐々木裕平です。

ここ数年、執筆の業務上、小説形式で記すことの重要性について改めて考えさせられています。

小説形式にすると、普段本を読まない人にもわかりやすい文章になるのではないか? と思っています。

そこで、ここ最近では、原稿を書く際に、小説形式であることを中心にしようと四苦八苦しています。

もちろん、書籍にもよりますが。

そして、小説の書き方の本を数冊読んでみて、「とても面白い」と感じます。

あらためて、「自分は本を書くことが大好きなんだなあ」と思わされます。

と、同時に小説のテクニックを理解することで、実用書やビジネス書をより面白く書くこともできそうだ、と感じています。

まだまだ人生は長いです。

仮に120歳(コーホート平均寿命)まで私たちが良きる場合、長寿の間には、何度か仕事と技術を更新する必要があります。

筆者の場合は、20歳から42歳まで、それが10年に一度程度で起こっている気がします。

これからも新しいことに日々挑戦していこうと思います。

また、勉強のために、いまさらながら涼宮ハルヒの憂鬱という小説・ライトノベルを買いました。

ライトノベルは誰でも読める文体ですので、とても勉強になります。

難しいことを、難しい言葉で記しては、誰にも伝わりませんから。

それではまた。

関連記事

  1. ニーサとは

    いまさら聞けない!投資初心者に【おすすめの口座】の種類

  2. ワセリンは熊の油の次に使われた整髪剤:一言ブログ:2022/…

  3. 広島県健康福祉センター

    投資セミナー|公開講座 開催百回目の御礼

  4. 学習効果を最大限にするシンプルな1つの方法とは

  5. 貨幣博物館

    お金の学校3 個人投資家のパフォーマンスは日銀が左右する?

  6. 老後の生活費はいくら必要なのかシミュレーション一例

PAGE TOP