効率的市場仮説とランダムウオーク理論の関係をわかりやすく!

効率的市場仮説に近い世界なら、おのずとランダムウオーク世界になるの巻

こんにちはー。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

来年の1月に、東京の大きな会場で講演をさせていただくことになる、かもしれません。

正式にプレスリリースがされましたら、ブログにてお知らせさせて頂きます。

たぶんですけど、聴講者の参加は無料だと思うので、要チェックです!

さて、今回は、効率的市場仮説とランダムウオーク理論の関係について、わかりやすく見てみましょう。

 

効率的市場仮説とは、情報がすぐにいきわたって、合理的な人々の多い世界

まずは効率的市場仮説からです。

仮説とついているのは、ここでは、特定の前提に基づく理論モデル、という意味合いです。

おおよその学術的な(個人の体験談ではない)投資理論というのは、この効率的市場仮説に基づいているのではないかと思います。

効率的市場仮説では、次の三つの前提があります。

  1. 情報がすぐに市場に織り込まれる
  2. 取引コストがゼロ(先進国の市場がそれに近い)
  3. 参加者が合理的(平均が合理的ならそれでいい)

というものです。

 

情報がすぐに市場に織り込まれる、というのは、どういうことでしょうか。

 

例えば、トランプ大統領がコロナウイルスに感染した。

という情報があれば、すぐに市場の株価に反応があります。

これがいわゆる情報が効率的に処理される、ということです。

つまり、オープンになっている情報に基づいて売買をしても、理論上は追加的な見返りを獲得し続けることができない、ということになります。

 

市場の参加者の平均が合理的なら、効率的市場仮説に近い市場になる

一昔前の私は、市場の全員が合理的なワケはないから、市場は効率的じゃないよねー。って思っていました。

しかし、実際はそうではありません。

市場の多く・または有力な、例えば機関投資家(つまりプロ)が合理的なら、市場の平均は合理的な行動となります。

そうなると市場は効率的な判断を下している、といえそうです。

つまり、賢い世界が効率的市場仮説の世界ですね。

 

ランダムウオーク理論の前に、ブラウン運動とは何かを知ろう

  1. まず花粉を細かく砕きます。
  2. それを水に落とします。
  3. 顕微鏡で観察します。

すると、花粉が水分子に当たって、ひらひらとランダムに動いているのが確認できます。

これがブラウンさんの発見したブラウン運動です。

物理学です。

花粉の動きや水の動きはお互いに独立しており、まったく法則性がなく、ぶつかっては異なる動きを見せ、それが更なる法則性のない動きを生み出します。

 

花粉が株価で、水分子がサプライズニュースなのがランダムウオーク世界

先ほどの花粉を株価にして、水分子を誰も知らない・予想できないサプライズニュースだとします。

既知のニュースは、すでに株価にプロなどによって織り込まれているわけですから、残るは、サプライズニュースによってのみ動きます。

すると、株価は、先ほどのブラウン運動よろしく、サプライズニュースに出会っては、ひらひらと法則性がなく、動きます

これがランダムウオーク世界です。

 

ランダムウオーク理論とは、過去と関係なく、いかなる分析も無意味になる世界

このため、純粋に市場が効率的だとすると、市場の株価などの値動きはランダムウオークになるはずです。

特徴は以下のようなもの

  1. 既知の情報に基づいて売買しても特に儲かることがない(たまたま当たることはある)
  2. サプライズニュースは過去と関係がないから、過去の株価の値動きを分析しても、「ご苦労さん♪」なことになる(たまたま当たることはある)
  3. あらゆる既知の情報は盛り込まれているので、ファンダメンタルズ分析をどれだけ頑張っても「ご苦労さん♪」なことになる(たまたま当たることはある)
  4. サルがやっても、プロがやっても、結果は同じように、法則性のないランダムなものになる(たまたまスーパー投資家またはスーパーサルが成立することがある)

うわー。楽しいですね。

それではまた!

関連記事

  1. 期待リターンの分散をプラスに収れんさせるには、サイコロを多く…

  2. 絶対にギャンブルで負けない方法? マルチンゲール性

  3. 資産運用のリスクとは|分散しないとまっとうなリターンを得られ…

  4. なぜ金融商品の値動きはランダムに動くのか

  5. 国際分散投資の恩恵とは

  6. 現代ポートフォリオ理論とは? 誰が作ったの?

最近の記事

月別投稿記事

PAGE TOP