コロナショックの特効薬は?

景気循環のカギは、通常金利の低下だが

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

全世界でのコロナウイルスの感染者が60万人を超えてしまいました。

世界の人・モノ・カネの動きはますます滞っていきます。

もしかすると大きな不景気に突入するかもしれません。

さて、通常の不景気であれば、景気を良くするためには金利の操作が行われます。

 

金利を下げれば、世界は元気になってきた

金利というのはお金のレンタル料金です。

そのため、金利を下げることで世の中のお金の流れが活発になります。

そこで今回のコロナショックでは、世界各国が金利の引き下げを素早く行いました。

通常の経済状況なら、これで景気が回復に向かうはずです。

 

コロナに金利低下の効果はなかなか効かない?

ところが今回のコロナウイルスには金利を下げても、従来のようには景気回復の効果が得られない可能性があります。

なぜでしょうか。

従来であれば、金利を下げることで、住宅ローンや各種の融資が進み、住宅や工場の建設が起こり、景気が良くなっていきます。

ところが今回は景気そのものが主体的に悪くなったのではなく、コロナウィルスの影響により、景気が悪くなりました。

そのため、従来のように金利を下げるだけでは効果が限定的、あるいは弱い可能性があります。

今回のコロナウィルスの影響により、現れた不景気を治すのは、コロナウイルスのワクチンそのものなのかもしれません。

それではまた。

関連記事

  1. 夏目漱石 牛のように

    500万円を運用するならほぼ元本保証の投資信託【MRF】?

  2. 資産形成の基本は「つみたて預貯金」と家計簿!

  3. 年金の受給額、将来いくらもらえるの? 受給額は支払額の8.3…

  4. 家族とお金

    お金の学校⑪ 投資と投機の違いはどこ?

  5. 経済学の新しい研究:寄付をすると幸福度が上がる3つの理由

  6. コロナショックの金融危機から半年で日本とアメリカの株価が回復…

PAGE TOP