資産形成の基本は「つみたて預貯金」と家計簿!

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

最近はムシムシします。一雨、ザっと降ってほしい気もします。

今回は資産形成の基本についてです。

運用の成果は大本となる投資元本の大きさで変わる?

筆者の考える資産形成の基本は積み立て預貯金と家計簿です。

なぜでしょうか?

それはどのような資産運用・投資を行うにせよ、それらはすべて「元となるお金」があってこそだからです。

例えばコロナショックが発生した2020年3月末ごろにまとめて投資(一括投資)をした二人がいるとします。

  • Ⓐさん 元本1,000万円
  • Ⓑさん 元本10万円

投資対象はどちらも全世界株式インデックス投資信託とします。

そうすると、2021年6月現在では、ざっくり二倍(100%増加)になっている、とします。

この時、それぞれどのくらい増えているでしょうか。

分散投資をしていれば、成果は大体同じ、差が出るのは投資元本

  • Ⓐさん 元本1,000万円に対し、増えたお金は1000万円 合計2,000万円
  • Ⓑさん 元本10万円 増えたお金10万円 合計20万円

上記の二人は、同じタイミングで同じ投資対象に分散投資(投資対象を世界中の株式に分散している)をしました。

つまり基本的に同じことをしています。

ところが、増えたお金の差は990万円です。

ざっくり言えば、分散投資をしていれば、成果は大体同じになります。

大きな差が出るとすれば、投資元本です。

家計簿を使って、無駄を省いて、積み立て預貯金で堅実に貯蓄をする

資産形成をまだ始めていない人であれば、

まず第一に、家計簿をしっかり管理することが重要です。

そして毎月の支出を管理し、積み立て預貯金の仕組みを使って、確実にお金を貯めることが大切です。

これが20代からできていると、30代になることには大きな差が生まれてきます。

※もちろんできれば、20代から積立投資をしてほしいです!!

もし仮に、「資産形成・運用は始めているけれど、家計簿や積み立て預貯金はしていない」という人がいましたら、ぜひ今日から始めてみてください。

きっと10年後には

  • 家計簿・積み立て預貯金を している あなた
  • 家計簿・積み立て預貯金を していない あなた

の二通りのシナリオでは、大きな差がついていると思います。

それではまた。

 

関連記事

  1. 資産運用について初心者へのアドバイス

  2. 金のETF(上場投資信託)は買わない方が良い

    退職金の運用方法はどれが良い? 5種類を比較【資産運用】

  3. 【独立系】ファイナンシャルプランナーの相談料金は?【広島】

  4. 貯金をするなら自動積立低収入の主婦でもできる

    プラチナ価格とプラチナ投資の今後は?

  5. 先物取引とは

  6. 独立系投資信託ってどんなもの?【さわかみファンド・ひふみ投信…

最近の記事

  1. 佐々木裕平
  2. FPの先生! 小学生の私でもわかるように、お金の増やしかた教えてえや佐々木裕平
  3. スキーマとは
  4. 金融危機をわかりやすく

月別投稿記事

PAGE TOP