資産形成の基本は「つみたて預貯金」と家計簿!

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

最近はムシムシします。一雨、ザっと降ってほしい気もします。

今回は資産形成の基本についてです。

運用の成果は大本となる投資元本の大きさで変わる?

筆者の考える資産形成の基本は積み立て預貯金と家計簿です。

なぜでしょうか?

それはどのような資産運用・投資を行うにせよ、それらはすべて「元となるお金」があってこそだからです。

例えばコロナショックが発生した2020年3月末ごろにまとめて投資(一括投資)をした二人がいるとします。

  • Ⓐさん 元本1,000万円
  • Ⓑさん 元本10万円

投資対象はどちらも全世界株式インデックス投資信託とします。

そうすると、2021年6月現在では、ざっくり二倍(100%増加)になっている、とします。

この時、それぞれどのくらい増えているでしょうか。

分散投資をしていれば、成果は大体同じ、差が出るのは投資元本

  • Ⓐさん 元本1,000万円に対し、増えたお金は1000万円 合計2,000万円
  • Ⓑさん 元本10万円 増えたお金10万円 合計20万円

上記の二人は、同じタイミングで同じ投資対象に分散投資(投資対象を世界中の株式に分散している)をしました。

つまり基本的に同じことをしています。

ところが、増えたお金の差は990万円です。

ざっくり言えば、分散投資をしていれば、成果は大体同じになります。

大きな差が出るとすれば、投資元本です。

家計簿を使って、無駄を省いて、積み立て預貯金で堅実に貯蓄をする

資産形成をまだ始めていない人であれば、

まず第一に、家計簿をしっかり管理することが重要です。

そして毎月の支出を管理し、積み立て預貯金の仕組みを使って、確実にお金を貯めることが大切です。

これが20代からできていると、30代になることには大きな差が生まれてきます。

※もちろんできれば、20代から積立投資をしてほしいです!!

もし仮に、「資産形成・運用は始めているけれど、家計簿や積み立て預貯金はしていない」という人がいましたら、ぜひ今日から始めてみてください。

きっと10年後には

  • 家計簿・積み立て預貯金を している あなた
  • 家計簿・積み立て預貯金を していない あなた

の二通りのシナリオでは、大きな差がついていると思います。

それではまた。

 

関連記事

  1. 広島県健康福祉センター

    投資セミナー|公開講座 開催百回目の御礼

  2. イデコ・つみたてニーサのお金の増やしかた金融教育研究所の佐々木裕平

    紹介動画②公開のお知らせ

  3. 夏目漱石 牛のように

    20代夫婦の貯金の仕方 平均貯蓄額を超える方法

  4. 投資とギャンブルの違い

    投資初心者向け【勉強】4つの心構え

  5. 貯蓄から資産形成へ

    日本株の魅力はある? ない?【株式投資の未来】

  6. ウイスキー投資とは?

PAGE TOP