会社員のお給料は55歳がピークで、60歳・65歳と5年おきに下がっていく?

会社員の賃金は55・60・65歳と、大きく下がっていくので、生活水準をあらかじめコントロールしておこう

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

私は自営業者なので会社員ではありません。

会社員ですと、公的年金が二階建てであり、老後の公的年金が自営業者よりも手厚いのが強みです。

反面、私のような自営業者は、何も資産形成をしていないと、公的年金は(現時点でも)満額で7万円程度しか受け取れません。将来にはもう少し減っている可能性があります。自営業者の場合は、資産形成がさらに重要です。

その一方で、統計上、会社員の場合は55歳・60歳時、そして定年や再雇用時にお給料が下がっていく、という隠れた(気が付きにくい)特徴があります。

※ちなみに自営業者の場合は、定年はありませんし(自分が辞めたいときが退職するとき)働こうと思えば、いつまでも働けます。自営業者の場合は、仕事を選べば、自分が楽しいと思う仕事だけをすることができます(それで儲かるかどうかは置いといて)。

資産効果とはお金が増えた分だけ生活水準を上げてしまうこと

一般的に会社員の場合、統計上、お給料は55歳まで右肩上がりに増えていきます。

ここで資産効果が発生します。

資産効果とは、ざっくり言うと、「お金が増えた分だけ、たくさん使っちゃう効果」です。

生活が(物質的に)豊かになる反面、いつまでたっても資産形成が進まない・進みにくい原因にもなります。

そして困ったことに、一度上げた生活水準は下げることが(精神的に)難しい、という一面があります。

これはどういうことを意味するのでしょうか。

 

※会社員の場合、

  1. 55歳からお給料は50~200万円程度減ることが一般的
  2. 60歳から再雇用制度や、継続雇用でも、さらにお給料が減ることが一般的(50歳のころの半分くらいになる)
  3. 65歳になると、さらに減る

という風に、3段階でお給料が、ガクッと減っていきます。

若いうちから、55・60・65歳時の年収ダウンを考慮して生活水準をコントロールしておかないと、高齢期に急速に資産額が減り始める

それは老後や高齢期に金銭的に困る、ということを意味しています。

若いうちは、毎年どんどんお金が入るし、増えるし、ということでたくさんお金を使ってしまいます。

しかし、前述のように55歳から会社員のお給料は目に見えて減っていきます。

すなわち、55歳からは、生活水準をコントロール(節約・倹約)しておかないと、従来の生活水準では資産が徐々に減っていく、ことを意味します。

そして、それは多くの人にとって、「しんどい・悲しい」ことかもしれません。

ポイントは若いうちから、生活水準を家計簿で管理すること

生活水準を低くするということは、多くの人にとっては幸福度が下がる(悲しい・嫌だ・さみしい)という認識かもしれません。

ところが最近の経済学の研究では、そんなことはありません。

ひとには「慣れる」という性質があります。

若いうちから、生活水準をコントロールできていれば、その状態に「慣れて」、幸せになれます。

そして資産形成も進みます。

トータルで見ると、後者の方が安定した人生になるかもしれません。

それを左右するのは、地味ですが、資産形成の基本である「家計簿」です。

  • 資産形成をしているけれど、家計簿積み立て貯金をしていない

という人は意外と多いのかもしれません。

家計簿と積み立て貯金は、地味ですが、運用の基本の基本だと私は思います。

それではまた。

 

関連記事

  1. 資産運用 広島

    【広島の投資セミナー】金育研究所の個別相談について

  2. コロナウィルスとコロナショックで強制進化?|オンライン投資セ…

  3. 福沢諭吉

    オフショア投資・地域の意味とは?おすすめ?デメリットは?

  4. 広島の投資セミナー情報

    初心者向けの資産運用基本のお話|スーパー定期預金と総合口座の…

  5. 安全な元本保証の投資・運用方法は75歳まで働くこと

  6. 上手なお金の貯め方とは?・小学生・金融教育・授業【お金の学校…

PAGE TOP