雑記。不安な時の特効薬は何もしないでいい

不安な時は、心にバイアスがかかっている時

こんにちは。

広島のファイナンシャルプランナー、金融教育研究所の佐々木裕平です。

人って、不安な時がありますよね。

私だってあります。

 

そんな時って、ついついいろんなことを考えてしまいます。

あれをした方が良いんじゃないかな?

いや、こっちをした方が良いのでは?

 

過去にやったあれは、ダメだったかな?

なんであの選択をしてしまったのだろうか?

 

不安な時はそんなことを考えがちです。

そしてそれは資産形成・運用においてもそうかもしれません。

 

安定している時は、別に何とも思わなかった日々でも。

不安になると、アレコレといろんなことを考えてしまいます。

 

その結果として、心に・頭に、バイアス(歪み)がかかります。

いつもならしないような、ヘンテコな選択をしてしまいます。

 

認知のエラーです。

でもこのバイアスがかかったときの行動は、後から見ると「余計なこと」であることが多いのです。

 

いま不安な人は、たくさんいると思います。

でも、そんな時こそ、安定した時の自分を思い起こして、「いつもの自分なら、どう自分にアドバイスをするだろうか?」と少しだけ客観的に見てみるといいのかもしれません。

 

不安な時こそ、あえて何もしない、ゆっくりと考えてみる。

ゆっくりでいい。そう考えてみると、より冷静な自分からアドバイスが生まれるかもしれません。

 

それではまた。

関連記事

  1. 雑記:いつの間にか9周年目

  2. 女性向け投資セミナー

    投資相談・セミナーに【よくある質問】を4点更新しました

  3. 奨学金制度とは? どんな種類がある? 給付型と貸与型の違いに…

  4. 料理をすることの本当の価値は9,000万円?

  5. 資産運用におすすめの【☆人気のある記事一覧】3つ作りました

  6. 短い雑記:資産運用は心の運用?

PAGE TOP