面白実験・チャート分析が当たると信じてしまう理由・錯誤相関・金融教育・第○○回【お金の学校】資産運用初心者・おすすめ

こんにちは。金融教育研究所の佐々木裕平です。広告動画です。自動文字起こしを使用していますので、誤字脱字があります。

 

はいこんにちは金融教育研究所の佐々木雄平です本日はですねこちらおもしろ実験
チャート分析が当たると信じ込んでしまう理由を実験で確かめてみようというものです
はい
チャート分析というのはですね現在の経済学ではかっこいいおまじないだっていうこと
になっていますただ多くの人はですね
チャート分析が当たると信じ込んでいる人が時々おられます
チャート分析っていうのは例えばこういうものですね
こういう音動きのあるものに対しまして
カブ体に対しましてですねこうなったらコーナーで次はこうなる
だから次は高校加工すると儲かるっていうものですね
ぱそう通貨とか fx などでも使われることがあります
ただ先ほども言いましたように現代の経済学では残念ながらこれは通用しないという
ことになっております
私がですね昔初めて買った投資の本登記の本ですね陶器の本
チャート分析の本でしたが
金髪のホストの方ですからこその方が私はこの方法で金持ちになったよっていうのを
ですね解説している本でしたけれどもそれはその人にとっては本当だったんですがだっ
たんだと思うんですけどもそれが誰でもやってそうなるかというとそうじゃないぞと
いうことがですね経済学の勉強するとわかりました
今ここでですね
きよあの気をつけたいのは一番最初にチャート分析から勉強をしっかり勉強して
チャート分析でちょっと成功を伏せしまった人は
チャート分析が正しいんだっていう風にちょっと後思い込んでしまうことがありますで
そうするとなかなかです抜け出せなくなってしまう
せっかく勉強したことをすべて
エステルのは自己否定につながるので
怖くてできないんですねなかなかのなかなかできないんですけども
できればそこから始まるのではなくてですね正しい経済学というところからですね入ら
ないと
私みたいにちょっと困ったことになるかがありますのでへ
ちゃんと知ってほしいなと思います
た部下などはなんだ6往復するというもんむすでたらめに動きます法則性はありません
ではここでなんでみんなチャート分析を知りちゃうのかなっていうのをですね実験で
見てみたいと思いますです
見てみましょう今からですねコインをたくさん投げたいと思います
これはおもちゃの濃いんですが
裏にですねマイナスの線が引いてありますおもちゃです
100円均一で買いました
を持ち上がりおもちゃの声がいっぱいいるわけですねこれを投げまして表が出たり裏が
出たりしたらですね
表られたら上に
動く舌でマイナスで裏でですね下に動くっていうものを作りますで前提としてコインが
ですねここでは
絶対に五分五分で出るかどうかこの子にわかりませんけども五分五分で出るコインだと
します恋に法則性がありません
ちょっとコインが気を利かして裏ばっかりだしてやろうっていうそういう濃いんじゃ
ないぞということですねはいじゃあちょっとやってみたいと思います
た実験を開始したいと思いますちょっとですねこの
設置を退けます現在文教者から好評発売中お金の増やし方は市へ提案です
やっていまして
沢山のですねコイン位はちょっとが投げたいと思います
バラバラと
よく振ってですから投げますを投げたのですね石塔に
並べましてこれをですね思って裏を持って裏でですね
今からチャートを作っていきたいとおもいます何やってるんだろうこの人って思うか版
しれませんがちょっとしばらくお付き合いくださいここから始まるとしましょう
+
ラスっタスク適当で構いません
+と
ます
うまいな住まい
ます
し続けてもう一度行きたいと思い
はいコインはですねやっぷ察するしまして
ランダム方になります
random walk だったんですねっ
入ってきまーすでしょう
ます
++
はいっ
今ですねざっくりとを振ってみましたがこういう結果になりました
これはですねあくまでもランダムなんですねコインには石がありません
表が何回か連続でてたから次は裏に書いてやろうという行為ではないわけですね
たまたま出たものですでこういうのを見たデタラメなものを見たときに私たちの脳が
どのような認識をするかっていうのが大事なんですね
例えばここでみますと皆さんきれいな三角形が出てますね
大きくヘッドアンドショルダー山になった
なんて言うんでしたっけ
vg がトップですね v 字型トップになりましたよ
下がる次は下がる際んですよ
で上にここですねダブルボトム
ダブルトップですね
上にトーンと小さく2回つきましたこれした次は下がる参院なんですね
大きく下がりました
結構大きく逆 v 字トップなり
逆の v 字の他になっているわけですねこうなります次は大きく上がるというサイン
です
この平均はですねここで平均を
の前のトップを超えますとの国から大きく流れが変わってトレンドが発生
こう行きますよっていうもの
です今実際こう上がってきました
で大きくですね大きくをキミますそこで3回つきました
鳥上で3つトリプル
3つ山がついたわけですね
トリプルヘッドって言うんですかねこう3つつきましたそうしたらこれ次大きく下がる
サインなんですね
大きく下がっ
デコ v 字が出ました大きく次はまた流れが変わる参院です
という風にですねなりましてさあ次はどうなるでしょうかっていうのはいろんなところ
でですねいうわけなんですけれども
今見ましたようにこれはでたらめに投げたコインの結果に過ぎません
でもそれを見た私たちは過去のですね
値動きの法則の
都合がいいところだけあてはめてこれはこういう風になるこれはこういう風になる次は
こうなるっていう風にへ
こじつけられてしまう
合理化できてしまうというですね困った癖がありますぜひ
チャート分析本当に楽しいのあやしいのって思う人はですね大家でコインをたくさん
あげてみて
チャート分析の本を開いてみて欲しいと思います
株価でも fx でも仮想通貨でも変わりません
同じように何か
白の法則が当てはまって何か意志が感じられると思います
でもそれは気のせいです
はいっ
今日の a
また目ですねテクニカル分析チャート分析というのはですね
いっ
あの
かっこいいおまじないたと現在考えられております
人はですねランダムな動きの中に法則性を見つけようとする癖がありますこの下にある
グラフもですね私が家でコインを投げて作ったグラフです
でもそんなですねランダムなものすべてのか武漢などは
長期的にですね統計をとってみますと
ランダムな動きだからこそ統計を取ると左右対称性になるを正規分布する左右が対称
飲むのになる
だいたい世の中のランダムに動くものはこのようにですね
正規分布しますこれは
1973年以降2020年6ヶ月6月までのですね
計600569ヶ月の全世界株式
先進国株式の値動きを表にしたものですこのようにまだ痛いですね左右対称の
山になっちゃうわけですね
一見するとランダムに見えるんですけれども法則性があるように見えるんですが
統計を取ると綺麗な山型になってしまうということが分かりま
はい
この点についてはですね正規分布などにつきましてはですねまた今度詳しくやりたいと
思いますはい今日のまとめですね
チャート分析が当たるとシンハたると信じ込んでしまう理由それはまぁ最初にチャート
分析から入ったりしてですね
うまくいったりしてしまった人でその後失敗すると自分の分析方法がいけなかったん
じゃないかなーってこう自分を反省しちゃうんですね
でもそんな必要ありませんもともと
あてにならないものだからですたまたま当たっただけなんです
でたらめなものをですね投げても
の私たちの脳が勝手にですね法則性を見つけてしまうっていう曲があります
これは大昔私たちが人間だった人間
野生動物だった頃はですね割と役に立ちました
あそこの道位ではよくライオンが出るからそこに行くのはやめようとかですねそういう
ときには役立つんですが本当にランダムな株式などお金の世界でこの法則を使おうと
すると
うまくいかないというわけなんですね
人はランダムの6機の中に法則性を見つけようとする癖があるということを覚えておい
て欲しいと思いますはい今日の金の学校がここまでです
金融教育研究所ではですね様々な英金融教育
資産形成運用投資の公園オンラインセミナーを承っております
たお金の本なども販売しております
よろしければこちらのホームページをご覧頂ければ幸いです最後までご覧いただきまし
てありがとうございました
さようなら

関連記事

  1. 年収1億円越え2万500人【賢い個人投資家になるには】

  2. 資産運用 裏話

    資産運用裏話 運用成果を毎月、記録に残すだけで良くなる?

  3. ETFの配当は再投資できる?

  4. 資産形成の達人をサポートする親切な人々の存在

  5. インドネシア投資の魅力

    インドネシアへの投資の魅力とは? 投資信託&株式投資?

  6. 福沢諭吉

    【資産運用】100万円を投資するなら元本保証の債券?

PAGE TOP