市場の効率性とは何か?

効率的市場仮説とは何か

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

現代ポートフォリオ理論においては、市場の効率性というのがとても大切な概念・考え方です。

この効率的市場仮説とは何でしょうか。

それは、証券価格(株式などの価格)の正しさを問う概念・考え方です。

 

市場とは何か

現代ポートフォリオ理論というのは、この市場が効率的である、という基本的な考え方が根底にあります。

別の言い方をすると、市場の参加者はみんな、お利口さんのはず、ということです。

もし参加者がお利口さんでなければ、大学などの研究機関で生まれた理論が通用しないからです。

では市場とは何でしょうか。

そりゃ、もちろん株式とか、野菜とかを売買する場所です。

でも、イメージとしては、投資家(売り買いする人)が将来に対する予想や判断を公にする場所でもあるのです。

 

経済の生産性との関係

どの企業が良いか、どの分野が将来性があるか、何が売れているか、どれがダメなのか、世界中の人が寄ってたかって、分析してくれています。

その人々の英知の結晶が、効率的に織り込まれている(はず)のが、市場の価格なのですね。

そしてそれは、逆からも考えられます。

仮に市場が効率的であるならば、企業の経営者は市場を参考にして、正確な判断を下せます。

つまり経済の生産性が良い。

反対に市場が効率的でないなら、企業の経営者が市場を参考にすると、誤った判断につながります。

つまり経済の生産性が悪くなってしまう。

ということですね。

 

経済学上の市場の効率性の意味

伝統的な経済学では市場の効率性には二つの意味があります。

  1. 資源配分の効率性・・・資源の最大限の有効利用
  2. 価格効率性・・・株式市場などの価格が正しい状態

金融経済学や投資の世界での市場の効率性は、2番目の方を差しています。

 

効率的市場仮説の定義

ノーベル経済学賞を受賞したウィリアム・シャープ先生の定義する市場の効率性とは

「効率的な市場とは、すべての証券の市場価格が常にその投資価値に等しい市場である」

となっています。

 

市場が効率的であれば、どのような投資情報、例えば「〇〇株が良い・悪い」という情報は事前に、あるいは瞬時に株価に織り込まれているはずです。

つまりうまい話を聞いても、その情報からは亜大な投資収益を平均的に稼ぐことができない、ということですね。

うーん、不思議。でも納得です。

それにしても、市場は本当に効率的なのでしょうか?

 

私は「短期的には効率的ではあまりない。でも、長期的に見ると、おおむね効率的な市場ではないか」と考えています。

それではまた。

関連記事

  1. 為替レートの長期理論|購買力平価説(PPP)とは?

  2. 国際分散投資の恩恵とは

  3. 接点ポートフォリオの正体とは何なのか

  4. トービンの分離定理とは? わかりやすく解説…できるかな(笑)…

  5. 株式市場が効率的だとどうなる?

  6. APT(Arbitrage Pricing Theory)裁…

最近の記事

月別投稿記事

PAGE TOP