イデコとつみたてニーサの基本をわかりやすく解説・初心者・お金持ちになる方法・第10回【お金の学校

こんにちは。金融教育研究所の佐々木裕平です。動画です。自動文字起こしを使用していますので、誤字脱字があります。

 

こんにちは
金融教育と研究その佐々木優平易ですお金の学校
本日は入れ子と積立にその基本というテーマでお送りさせていただきます
金融庁さんとですね厚生労働省さん
入れ子が厚生労働省自宅に下がっ記入調査のですね
2つの大きなですね勢力が現在
私たちのために新しい資産形成の制度を始めてくれていますしかし多くの人はですね
まだあまり着手していないのが現状です
でもこの制度はとってもお得なので是非皆さんにですね
知ってもらって
早め早めに
取り組んでみてほしいなった思います
今日はその基本について見てみましょう
ザックリとですね制度を見ていますとこんな感じです
ここだけ見てもですねよくわからないとなりますので順を追ってですね見ていこうと
思います
まずざっくり外観だけ見てみましょう
これはですね2018年1月時点の内容です
2021年時点でもほぼ同じほとんど一緒です
ただ2023年からですねだんだんちょっと変わっ
一般ニーサというのが神にーさんになんかちょっと変わってきますが
またその時に詳しくやりたいと思いますはい
まず大きくですね制度が3つありますよって言っ
ジャックいみましょう普通のにー
積み立てる2
いいでコって呼ばれる制度この三つがありますよ
子ですね三つがありますよということですね
大体の人が
加盟できますよ入れ子に関しては60歳にマンの人ですよーってなってます
はい
どれもですねまぁざっくり言いますとまぁちょっとずつ違うんですけども
税金がお得になるっていう制度です後ほど詳しく見てみましょう
まず入れ子から見ていきます英子っていうのはもう一つの年金
自分で初めて自分で選ん
もう一つの年金と呼ばれるものです
入れ子でですね出せるお金はですね
それぞれみんな上限が違います自営業者の人は毎月6.8万円くらい
なんでかなぁと言いますと
この前見た要因ですね自営業者の人って現在平均で1人平均毎月5万円しかですね
老後年金もないてないんですね少ないですね
なのでちょっと護岸
たくさん出せるようになっていますはい
会社員でしたが公務員の人などあ
その子それぞれのですね企業に
確定企業の確定拠出年金の有る無しなどによって1万2000円から2万3000円
ってなっています
主婦主夫主婦コレですね種主婦の方はですね
23,000円まで出せますよっていうふうに働き方によってですね出せるお金が違っ
ています
皆さんはできるだけですね自分の上限まで出す出すように
ぜひ取り組んでみてほしいと思うところです
当たり前ながら一杯出した方がですね道後に受け取れる金額が大きくなりますので
出来るだけがんばってですね
多く
だしてみてほしいなと思うところですはい
入れ子の受け取り方法ですものすごい先の話ですが出したお金はどうなるのかな
いいものですね
自分で出して
自分で選びます運用商品というのを選んで運用します投資をするわけですね
資産形成ですです60歳以降に受けと言います
ここは多分年々変わっ
その子変わってですねもっと後の方から受け取れるようになると思います
将来的にはですね
受け取り方は3つです一時金としてまとめてガッツリ受け取る
か年金としてまいっ毎年1回とかですね2回とかちょっと自分で選んで受け取る
受け取る金期間は5年以上20年以下という風に設定できます自分で
3つ目これは近畿官によりますが一時金と年金と併用する
まとめと受け取るかコツコツ受け取ると雄平
併用してですね受け取ることもできます
イメージとしてはですね投資なので増えたり減ったりします運用中ですね
大きな金融危機があれば当然減りますその後も増えたりですね
減ったり増えたり減ったりしていきます
に統計的に言いますとこれまでのところですね全世界株式などに幅広く
分散と使用する株式などに分散とを使用するとこの図の要因ですねこう右肩上がりに
増えてくる
きたという実績があります
議論所詳しいことは君のちほどですねお金の学校の中でお祝い触れていきますが分散
投資をするとですね
言えるかも知れ断定はできないですね金融商品取引法で増えますとは言えないんですね
増えるかもしれないという表現しかできません
で60歳以降ですね受け取っていくという形です
20歳が現在は二十歳からですねそのうち成人年齢が18歳に引き下げられますと18
歳からはじめることができます
いや積み立てにさあどんなのかなと言いますと
これはですね60歳じゃない人も
60歳になった人も始めることができます
何歳でもあ18歳
成人の子なら何できます
積立に
非課税期間は20年間です毎年ですね新しい枠が生まれてきます
一つの膜で買えるのは1年間に40万円までです
例えば今年20万円までしか買わなかったらそのアフはもう
20万円もよく差して繰越できません
来年になったらまた新しい枠が踏まれて
その年に買った金融商品は20年間非課税です
20年経ったらですね普通の税金がかかると講座2
写りますはいっ
またはさらに新しいは国ですね乗り換えることも将来的にはできると思われます
最大でですね40万円かける20年で800万円まで
非課税で
資産運用が
積立にそれできると思われ
できますはい
こんな風にですね積み立て23も入れかも基本的に積立投資っていうのをやります
毎月コツコツ
買っていくわけですね
基本的に
こちらはですね毎月4万円想定利回り年率5パーで運用期間30年間で
シミュレーションしました
引用元は金融庁さんの資産運用シュミレーションをもとにしていますそうしますとこの
青いところがですね自分が出したお金です
これは年率5%ね
株式などに分散投資をしますと期待リターンが5%くらいだろうって言われています
統計的に見てですね
5%本当はその観光増えたり減ったりをしながらこうなっていきますよっていうものな
んですがここではそれは
除いているわけですね5パーでずっと言ったらどうなるかなって言いますと
最終的にはですねだしたお金が支援440万円に対しまして増えたお金が1889万円
合計で3300万円になりますよというものですね
この通りかどうかは分かりませんあくまでシミュレーションですもっといいかもしれ
ないし
もうちょっと悪いかもしれません
ただ貯金にしておきますとほぼせ440万円のままなんですね現在超低金利ほぼ金利
ゼロなのでほとんど増えません
なので
可能性の一つべ slammer 資産運用ですねした方が将来的には有利になるので
はないかというわけで金融庁さんなどは貯蓄から投資
貯蓄から資産形成と現在
おっしゃっていますはい
でいること積み立ていいさが何が良いのかと言いますとそれは税金がですね
優遇されているからいいわけですね
普通はですね
利益に対して20.315%の税金がかかります
例えば100万円私が資産運用で儲かったとしますと20万円くらいはですね税金とし
て納めるわけですね
手元に80万円残りますよ
でもイベこと積み立てインさでありますとものすごいざっくり言いますと100万円が
全部自分のものになるということなわけですね
積立投資においてですね税制面でやることによってこうより
複利効果といいますがこう雪だるま式にお金が大きくなっていく方法がですねより一層
発揮されますのでさらに有利ということになります
で入れ子にはですねさらに所得控除っていうのがあります
働いてて収入がある人は乱暴に言います税金が返ってきます
節税にも同じさらに税金が返ってくるひとによってはそれがすごく
何万円毎年何万円何十万円にもなりますのでぜひですね
迷っている方はいでこう先に優先する
でそれでも余裕があれば積み立てにいさを優先する
いでことにーさをまずやってみる
そしてそれでもさらに毎月ですね
金がある例えば入れかでは12,000円
積立インさで毎月33,000円これだけでも4万合成になるわけですね
45,000円
積立投資をしてさらにもっとお金があるよ
もっと積み立てることできるよっていう人がいましたらそこで初めてですね
普通の税金がかかる証券口座てですね住田で投資をやってみるっていうことですね考え
たらいいのではないかと思います
または現在すでにまとまった大きなお金がある人
例えば相続とかで大きなお金を受けだったよってしたが売られたらですねそれは積立
投資にしていると
すごい時間がかかることがあります
例えば3000万円ある人がですねコツコツと罪タルトを使用していると3000万円
を全部通し塩入る前に
何十年もかかってしまって非常に効率が悪いっていうことがありますのでその名はい
などはですね普通の証券口座でですね最初に一気に良いも3000万円などですね
どーんと孤島使用してしまう一括投資まとめて投資をして
ようですねこう初めて行ったほうが理論上は効率が良いということになり
今日なまとめですね
税制上得な制度がいでこと積み立て23
というものがありますどちらを政府がですねうん管理しているものです
どっちも自分で初めて自分で選ばないといけません
全部自己責任です
ただ理論上はですねまあやらないよりはやった方が良いだろうというふうに思われます
その理論に関しましてはですねこれから詳しくやっていきたいとおもいます
選ぶものに対しましてもですね効率が良いもの悪いものという理論上いいだろう悪い
だろうというのがあります運用方法についても議論上4位悪い
こいつが良いんじゃないか悪いんじゃないかというものがですねも経済学の分野では
明らかになっております
でおい良い解説をしていきたいとおもいます
さて金融教育研究所ではですね金融教育や資産形成
投資に関するですね公園のご相談ご依頼を承っております
ご興味あります方は金融教育研究書で検索抑えてみてください最後
までご視聴頂きましてありがとうございました
さようなら
 
 

関連記事

  1. 初心者向けニーサの解説

    NISA制度の解説5年後はどうなる?失敗やデメリットは?

  2. 確定拠出年金とは

    確定拠出年金の受け取り方【3種類】とは? 個人型&企業型 

  3. 【お金の学校】リスクとリターンの基本

  4. 一般NISAは2023年で終了!2024年からは新NISA!…

  5. イデコ・つみたてニーサのお金の増やしかた金融教育研究所の佐々木裕平

    紹介動画②公開のお知らせ

  6. NISAが二階建てになって、上限が総額122万円になる! っ…

PAGE TOP