絶対にギャンブルで負けない方法? マルチンゲール性

負けたら、倍の金額を賭けていく、そうすれば絶対に負けない?

こんにちは。

広島のファイナンシャルプランナー、金融教育研究所の佐々木裕平です。

もうずいぶん前の話ですが、東京の出版社の方と、お金の書籍の件で打ち合わせをしていました。

その時担当の方がこう言いました。

「佐々木さん、ギャンブルって、もし負けても、その二倍のお金を次にかけ続けていけば、絶対に負けないですよね

これって何のことでしょうか?

 

マルチンゲールはギャンブルの古典的戦術

担当の方が言っていたのは「マルチンゲール」と呼ばれる手法でした。

マルチンゲールというのは、本来は馬具のことだそうですが、

ギャンブルの世界では次のような使い方をされます。

負けた金額の倍額を次回の勝負に賭けていくという戦術」それがマルチンゲール。

 

例えばルーレット。

配当倍率が1倍の賭けのゲームで使われます。

私がルーレットに挑戦します。

1万円の勝負に負けたら、次は2万円で勝負をします。

それで負けたら、次は4万円で勝負。

それでも負けたら、次は8万円で勝負。

 

理論上は、こうすることで、一度でも勝ちさえすれば、その直前までの負けの金額すべてを回収できる、というものです。

まあ、理論上のお話です。

 

本来の統計的に考えられている(店が統計的に損をしないように)、ルーレット(その他のギャンブルも含む)では、繰り返せば繰り返すほど、統計的に客側よりも店側が「少しだけ」有利な勝率になるようにできています。

そうでないと損をしますから。

だから、もし数万人がこれに挑戦すれば、店側が儲かります。

 

また、負けた金額の倍をかけ続けていくと、あっという間に、超高額になり、お金が準備できなくなり、破産します。

8→16→32→64→128→256→512→1024→2048→4096→8192→1億6千万円・・・。

運が悪いだけで、破産コースへまっしぐらです。

また、やはり統計的に見て、割と起こりうる確率のところが、掛け金の上限になっています。

この場合も、やはり、ゲームオーバーです。

 

絶対に儲かるギャンブルがないからこそ、ギャンブルが成立するのかもしれませんね。

それではまた。

関連記事

  1. 効率的フロンティアとは? マーケット・ポートフォリオがそこに…

  2. 現代ポートフォリオ理論とは? 誰が作ったの?

  3. 無裁定理論と市場均衡理論

  4. 投資のリスクは統計学で出したもの! ってどゆこと?

  5. 現代ポートフォリオ理論 効用・期待効用最大化原理・限界効用の…

  6. 株式価格はランダムに動く?

最近の記事

月別投稿記事

PAGE TOP