第4回【お金の学校】どうしたらお金が手に入るの?・小学生・金融教育

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

小学生向けの金融教育の動画です。

 

はいこんにちは金融教育研究者の佐々木雄平です
生姜空生向けお金の学校
今日のお話はどうしたらお金が手に入るのかなということについて見てみたいと思い
ます皆さんの中にはですねええ
金持ちになりたいなぁとかですねどうしたらお金が手に入るのかな
とっ
思ったことがある人もいるかもしれませんとはいえですねは統計的に全体的に言います
とですねそう学生のうちはあんまりお金がほしいなっていう人は度も少ないみたいなん
ですね中学生になってくるとお金欲しいなという人がですね
お金はあっても困らないなっていう考え方を持つ人が増えてくる
ようですがそう学生の間はですね
金よりも夢とか希望とか
寄付とかが大事だいね病む人が多いみたい
ですでも社会人になってくると大人になってくるとですね
お金がほしいなあ木沢ですね結構増えてくることがあります
どうしたらお金が手に入るのでしょうかこれをですね知っておく若いうちからですね
小さいうちから知っておくのは将来役に立つことなのでぜひ覚えてほしいと思います
皆さんがですねお金を払うのってどんな時でしょう
それって何か買った時だと思うんですねよくあるのはですね
例えばコンビニエンスストアでジュースを買ったとします
ジュースを買うと
ジュース打ってくれてありがとうはいお金はどうぞと言ってお金を払うわけです
またものじゃなくてもありますね例えば床屋さんとか美容院へ行って髪を切ってもらい
ました
髪を切ってもらったら髪を切ってくれてありがとう
金を払いますっと言って払っていくわけですね
つまり皆さんがお金を払うのはありがとう
て思った時に原
んですね何かをしてくれてありがとう
かめ払います何かを打ってくれてありがとう
お金を払いますとこのようにしてお金を払います
逆の時はなかなか払わないですね例えばですね誰かに怒られた
送られたりですね暴力を振るわれてしまったとします
その時に
金払うのリストいないわけですねう金を払うときというのはありがとう
嬉しいなっていう時に払うというわけですね
ではここから考えるとですねもし皆さんが将来お金をたくさん稼ぎたいなと思ったとき
にどうしたらいいのかな
が分かりますみんなが喜ぶことをするとお金がたくさん稼げるということですね
みんなにたくさんみんながしてほしいことをですね先に叶えてあげるわけですね
それはあっ
遠くに行きたいな思う人がいたらタクシーの運転手さんになる
そしたら遠くまで運んでくれてありがとうってお金をくれるわけですね
こんな風にみんながしてほしいなって思うことをするとお金がもらえるわけですねそこ
を考えて世の中ですねたくさんの人がみんながよくなるように
ええええええ
色々と行動をしていますそうするとお金が稼げますし社会がどんどん良くなっていく
わけですね
お金を稼ぐというのは社会が良くなるみんながありがと嬉しいなという気持ちいいん
ですね満たされるようにするということでもあり
つまり今日のまとめですねお金を稼ぐにはどうしたらいいのかそれはみんなが喜ぶこと
をすると良いということですね
小学生の中にはですねお金って汚いなあとかお金なんていらないよ
大事なのは彼じゃないっていう気持ちがある人があります
もちろんその気持ちは
とっても大事なものですでもお金の本質っていうのはそれだけじゃないんですね
ありがとうって誰かに良いことをすると返してくれるそういうこともまたあるわけです
オカメはありがとうの気持ちでもあります
はい今日の話はここまでです最後まで聴いてくれてありがとうございました
コマーシャルです金融教育についてですねご相談されたい方がおられましたらこちらの
金融教育研究所
でぜひ検索をされてみてくださいどうもありがとうございましたさようなら

関連記事

  1. 資産運用は貯めるだけではダメ?金利とは・お金の授業・第8回【…

  2. 行動経済学・一例・プロスペクト理論・投資

    動画【お金の学校】行動経済学のプロスペクト理論と損失回避性を…

  3. 第3回【お金の学校】子ども向け・おかねもちになったらどうなる…

  4. リスクとリターンがおおむね比例する理由・金融教育・投資・お金…

  5. 投資と投機の違いをわかりやすく・お金の勉強・初心者・第11回…

  6. イデコとつみたてニーサの基本をわかりやすく解説・初心者・お金…

PAGE TOP