2018年のテーマ投資【カジノ・自動運転】は初心者におすすめ? 

テーマ投資で、追加的なリターンが得られる? 得られない?

初心者向けの投資の一つとして、テーマ投資というものが挙げられることがあります。

これは、旬のテーマに関連する複数の株式に少額から投資できる、

というサービスを指すことがあります。

ですが、本当に初心者向けなのかどうか、考えてみましょう。

テーマ型投資とは?

まず、テーマ型投資とはどのようなものでしょうか?

これは、現時点での注目されているジャンルなどに投資をするものです。

例えば、

  • 自動運転の自動車
  • カジノ
  • 仮想現実(VR)
  • ドローン
  • 空飛ぶ自動車

などですね。

話題なのだから、

これから株価も上がるだろう(上がる気がする)、

という思いが入っているのかもしれません。

旬のテーマは、裏返せば、一過性?

ただ、ブームはいずれ去ります

何事もそうですが、栄華盛衰です。

いまが良い、ということは、

裏返せば、これから悪くなるかもしれない、

という一面を併せ持っています。

昔の旬は、どうなったか?

  • 百貨店
  • 鉄道
  • 映画会社

仮に、上記3つのテーマ型投資があったとします。

あなたは、買うでしょうか?

上記3つは、今が旬、とは言えないかもしれません。

ですが、昔は旬でした。

上記のジャンルの会社がプロ野球のチーム名を冠していたこともあります。

その時、まさに旬のテーマ型だったわけですね。

でも、もしもその株を旬の真っただ中に高値で買っていたら?

人気があるからこそ、追加的なリターンが得られない?

また、人気があるジャンルのテーマ型というのは、

みんな知っています。

ということは、みんなが旬のテーマから得られるであろう追加的なリターン

欲しいから、みんなが買います。

すると、すでに現在の株価はそれを織り込んだ、

高い水準にある、と考えることもできます。

つまり、人気のテーマ型だからこそ、

追加的なリターンが期待できない のですね。

反対にいうと、いまは旬ではないけれども、

これからテーマ型になるだろう、というものは、

事前に買っておけば追加的なリターンが期待できるかもしれない、ということですね。

ただ、それが何かは事前に分かりませんし、

普通の人に分かるようであれば、それは誰にでも分かり、やはり織り込んだ価格になり、

追加的なリターンが得られない、というジレンマになりますが。

まとめ

このように、テーマ投資は、必ずしも投資の初心者向けとは言えない一面があります。

(別の見方をすれば、良く分かっていない初心者に売りやすいサービス(売り手にとっての初心者向け)と

見えなくもありませんが)

投資を考える時は、常に相手や商品を疑ってかかるクセを付けるようにしてみるのが

良いかもしれません。

関連記事

  1. プラチナ

    株式市場で2018年のプラチナ価格推移がリアルタイムで分かる…

  2. 個人向け国債変動10年は元本保証?買い方・金利とは?4ポイン…

  3. 貯金をするなら自動積立低収入の主婦でもできる

    投資初心者向け【勉強】損しない秘訣 5つのチェック項目

  4. 家族とお金

    お金の学校⑬個人民事再生とは? 失敗しないために知っておきた…

  5. 福沢諭吉

    退職金運用方法 1000万円 失敗を防ぐ3つの知識

  6. 投資初心者 始め方 7つのステップ

ブログ統計情報

  • 211,479 アクセス

最近の記事

  1. 渋沢栄一 設立企業

月別投稿記事

PAGE TOP