期待リターンとリスクの不思議な関係

期待リターンとリスクがおおむね比例すると考えられるわけ

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

まだまだコロナウィルスの影響が尾をひいています。

経済が本調子になるまでには、もう少し時間がかかりそうです。

 

さて、今回は期待リターンとリスクの不思議な関係について見てみましょう。

  • 期待リターン:将来の予想収益率の標準偏差の確率密度が最も高いところ
  • リスク:将来の予想収益率の標準偏差そのもの

一般的に、期待リターンとリスクは概ね比例すると考えられます。

 

いわゆる、ローリスクなら、ローリターン

ハイリスクならハイリターンだよねー。

という考え方です。

 

もっともリスクが低いと考えられる預貯金などは、リターンが0.01%程度と、超ローリスク・ローリターンです。

反対に、ハイリスク・ハイリターンと言えば、株式投資です。

 

でも、どうして?

なぜ期待リターンとリスクは概ね比例するのでしょうか?

 

その理由の一つが、市場が効率的だから、投資家がそう要求するから、と言えます。

たとえば預貯金。

先ほどのように、預貯金は大変に安全です。

そんな安全なものですから、多くの人・投資家は「安全なら、別に儲かんなくてもいいや」と考えます。

だから、預貯金や、個人向け国債などは、(変な言い回しですが)買値が高くてもいい。

逆に見れば、金利が低くてもいいや。となります。

これは人が基本的に、リスク回避的だよねー、という前提があってこそですが。

 

だから、安全性の高い金融商品ほど、買値と売値が高い、つまり期待リターンが低くなります

反対に、ハイリスク・ハイリターンの株式はどうでしょうか。

 

株式などはリスクが高いですから、一年後などに大きく値下がり・値上がりをしている可能性があります。

もしそんな金融商品が、高い値段で売り・買いされていたら、世界中の投資家は「嫌だなー」と思います。

もっと安かったら買うのに、と思います。

別の言い方をするなら、「リスクが大きい分だけ、儲かる可能性が高くないと、嫌だなー」となります。

だから株式などは、将来の期待リターンに対応して、割安な価格になることになります。

その結果として、より高いリターンが発生することが期待されます。

 

こうして、ハイリスク・ハイリターンとなります。

おさらい

  • 投資家・市場が要求するから、リスクに応じたリターンがつくと考えられる
  • ローリスクならローリターン
  • ハイリスクならハイリターン

まあ、当たり前の話ですね。

でも資産形成を効率よく進めようと、理論的に考えたい人にとっては、必要不可欠な知識ですね。

それではまた。

関連記事

  1. CAPM(読み方:キャップエム)のベータとは?

  2. 投資家の最適ポートフォリオは、個人の効用により異なる

  3. 雑記。ゲーム理論と人の意思決定とリスクの関係の独り言

  4. 効率的市場仮説とは? 

  5. 無裁定理論と市場均衡理論

  6. 株式価格はランダムに動く?

最近の記事

  1. 資産運用 広島

月別投稿記事

PAGE TOP