おすすめしない!先物取引とは?

先物取引は悪い行為ではないけれど、個人的には否定派

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

資産運用の手法の一つに、先物取引というものがあります。

資産運用をしたことがない方でも何となく「先物」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

ちなみに私は「先物」が好きではありません

その理由は、投資ではなく、未来の見通しに賭ける「投機」であるからです。

だから嫌いなのです。

もう一歩踏み込んで言うなら、「怖いから・損失回避的な性格だから、嫌い」というところです。

 

ここで誤解をしてほしくないのは、「先物取引」自体は悪いものではありません。

もちろん、先物をしている人も同様です。悪い人ではありません。

 

ただ、先物を選択するなら、その基本的な性質を理解してから行うべきではないかと、思います。

 

先物取引の三つの特徴

先物取引の特徴は次の三つです。

  1. 特定の商品を
  2. 特定の期日までに
  3. 取引の時に定めた価格で

取引を刷ることです。

ではどのようにして利益・損失を出すのでしょうか。

それは「取引の時に定めた価格」と「特定の期日」の時との「価格差」利益や損失を出します。

非常に乱暴に言えば、いま百万円で買って、将来百五十万円で売れば、五十万円が差額となり、儲かります。

反対にいま百万円で買って、五十万円で売れば、差額の五十万円を損します。

 

基本的に上記のような仕組みです。

 

ただ先物取引は、自己資本のお金以上のお金で売買ができてしまったり、

本来の投資に必要な要素である「成長に参加する資産」という前提が抜け落ち、「売りからでも買える」ということが可能です。

 

ものすごく乱暴に言いますと、やはり「将来の見通しに賭ける」という種類の行為になってしまいます。

これを「投機的または投機」と呼びます。

イデコやつみたてNISAでの「投資」とは(よく似ているように見えて誤解を生みやすいですが)異なるものです。

 

ちなみに投機では結果がランダム・ウォーカーです。

投資では理論上はリスクによってリターンが補償される、という考え方をします。

老後のための大切な資産運用などの性質のお金の場合は、どちらが適しているでしょうか。

それではまた。

関連記事

  1. 不動産の計算実質収入を【還元利回り】で割ると理論価格が出る?…

  2. 初心者向けの株式投資の勉強

    社員持ち株会(自社株投資とは)メリットは?売却すべき?買うべ…

  3. 毎月分配型投資信託を買ってはいけないの行動経済学的考え方

  4. ETFの配当は再投資できる?

  5. 初心者向けの株式投資の勉強

    株式投資・投資信託||初心者向けの勉強【損益通算とは?】

  6. 投資信託はコストが高い

    【投資信託】おすすめ銘柄の選び方12のポイント!

最近の記事

月別投稿記事

PAGE TOP