コロナショックの時に投資をしていたらどうなった?|株価は回復

コロナショックで2020年3月には大幅に下落したけど、すぐ戻った

2020年3月20日ごろ、全世界の株式は1月の最高値から、一気に30%程度まで下落していました。

世にいうコロナショックです。

新型コロナウイルスの影響により、世界中の人・モノの流れが滞り、半年先などの経済状況がより一層不透明になったので、ちょっと先に反応する(先行指数である)株式の値段が大きく下落しました。

 

短期的には大きく値下がりしたけれど

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

コロナショックの3月は大変に激しい値動きをしましたね。

 

Aさんという人がいて、もしも仮に大きなお金を2020年1月に「100」全世界株式に投資していれば、3月20日ごろには「70」程度にまで下がっていました。

このAさんからすると、「一気に投資をするのではなかった・・・」となるかもしれません。

このままAさんが慌てて売却をしてしまえば、「30」の損失が確定してしまいます。

急落時に勇気を出して変えた人には大きな恵みが得られた

ところが、Bさんという人がいて、もしも仮に2020年3月20日ごろに「100」全世界株式に投資をしていれば、8か月後の2020年11月20ごろにはおよそ「150程度」に増えています。

Bさんからすると、「ああ、あの時買っておいて、本当に良かったなあ」と思うでしょう。

高い時に買った気持ちの人も、我慢していれば報われた

また、もしもAさんが3月の暴落にもめげずに、そのままほったらかしにしていた場合、やはり8か月後にはほぼ「100」に戻っています。

今後のことは誰にも分かりませんが、個人的には世界的に金融緩和が継続して行われるとした場合、今後も株価は大きくなり続けるのではないかと思います。

そして金融緩和が終わった数年後も、増えたり減ったりを繰り返しながら、この世界の株式は大きく成長を続けていくのではないでしょうか。

結局、数十年後の未来から見れば、いまは買い時なのかもしれません

そして、2060年1月になった時、過去60年分の全世界株式の値動きを振り返ったAさんとBさんはどう思うでしょうか。

「なんだ、40年前のあの時は落ち込んだ・喜んだけれども、数十年間の長期的な機関で見れば、コロナショックなんて大したことなかったな。

っていうか、長期的に見れば、過去はいつでもお買い得じゃないか。

あんなに悩んで損した。あっはっはっ」

となるかもしれません。

それではまた。

関連記事

  1. 資産形成の達人をサポートする親切な人々の存在

  2. サンクコスト効果とバイアスとは?

  3. 資産運用 裏話

    資産運用裏話 運用成果を毎月、記録に残すだけで良くなる?

  4. 広島市のファイナンシャルプランナー

    お金の学校6 チューリップと投資の失敗の意外な関係

  5. トピックスを重ねても運用成果は同じ

    投資初心者にお勧めの資産運用方法とは? ドルコスト平均法vs…

  6. 効率的市場仮説があるから、金融知識が増えても、運用利回りは増…

最近の記事

  1. 佐々木裕平
  2. 広島県健康福祉センター

月別投稿記事

PAGE TOP