ウイスキー投資とは?

ウイスキー投資とは、現物投資の一種

数年前にNHKのドラマ、マッサン? でウイスキーが取り上げられて以降、ウイスキーの原酒の品薄状態が続いているようです。

こんにちは。

ウイスキーが好きな金融教育研究所の佐々木裕平です。

私は国産のウイスキーも好きで、以前は良く飲んでいたのですが、近年では国産のウイスキー、特にちょっと良いやつの品ぞろえが減ってきた・変わってきたように感じます。

どうやら、個人でも国産のウイスキーの売買・取引(転売)が簡単にできるようになったことも一因のようです。

安く買って、高く売ると儲かるのは株式投資と「似たような」印象を受けます。

また、近年では新興国で日本のウイスキー人気が高まったこともあり、一層の値上がりが起きているようです。

 

ウイスキー投資のやり方

ここでは個人による転売について見てみましょう。

ただ、転売についてはほとんど詳しくないので、カンタンな解説でご了承ください。

いろいろな場所から、古い国産ウイスキーを仕入れます。

地方の酒屋から、ネットでの売買まで、入手ルートは様々のようです。

で、それを転売サイトで売る。

以上のような流れのようです。

そう言えばビンテージウイスキーがたくさんあったが・・・?

そう言えば、筆者は昔知人から数十年前の国産ウイスキーを「ウイスキーは飲まないからあげる」と大量にもらったことがあります。

それは北海道の国産の樽から直にとった、非売品でした。

もちろんブレンドはしていません。

シングルモルトでシングルカスクで、ビンに一つずつナンバーが書いてあったのを覚えています。

どうやら当時の工場見学者などが買えた? もらえた? 限定品だったようです。

それを筆者はどうしたかというと、もらった直後にすぐに飲んでしまいました(笑)。

いま思えば、もしかしたら結構高かったのかもしれませんね。

まあ、個人的にお酒は楽しく美味しく飲むもの、という考えなので後悔は一切していませんが。

ちなみにお味はとても美味しかったのを覚えています。

 

ところでウイスキー投資は本当に投資なのか?

さて、筆者は金融教育としてiDeCoやNISA系の解説などもしていますが、世間でいうウイスキー投資は「投資ではない」と考えています。

なぜでしょうか?

株式の場合、企業が生産に積極的に参加していますので、理論上は将来的に価格が上昇していくはずです。

ただ、ウイスキーはしょせんお酒なので、生産には積極的に参加していません

現物投資は将来どうなるかが、見通しに賭ける行為

これは金・プラチナ・大豆・ウイスキー、どれでも同じなのです。

将来的に「欲しい人が多ければ価格は上がる」というだけであり、反対なら下がるだけです。

そして将来のことは不透明です。

もしかしたら数年後にはすっかりウイスキー投資の熱が冷めているかもしれません。

いわゆるバブルの崩壊です。

いま高値でたくさん買って置いたら、将来ものすごく儲かるかもしれないし、値下がりしてものすごく損するかもしれません。

このように現物資産は将来の見通しに賭ける行為なのですね。

投資とは根本部分で、ちょっと違う気がします。

いずれにせよ、お酒は楽しく適量で飲むのが良いように思う今日この頃です。

それではまた。

関連記事

  1. 資産運用のおすすめ 少額でもいい

  2. お金持ちになる方法資産運用

    資産形成の方法 複利で7%運用なら1億円も夢じゃない?

  3. 20代なら毎月いくら貯金すべきなの?キーワードは財形!

  4. 資産運用裏話 日本の人口ピラミッド推移は2065年にどうなる…

  5. 2019年の年金受取額(夫婦平均)が減る?

  6. 60代・老後に確実にお金持ちになる1つの方法(女性も男性も)…

PAGE TOP