株式投資とは?失敗したくない初心者用いろは|6ポイント解説

株式投資で利益が出たら税金がかかる?

今回は、株式投資についての基本を見てみましょう。

ところで、株式投資ってどんなものでしょうか?

未経験者の方のためにも、そこから見てみましょう。

バブル崩壊

そもそも株式投資とは?

投資における株式とは、一般的に次のようなものを指します。

  • 株式会社における株主の持ち分(権利)を表すもの
  • その内容を表示してある証書のこと
  • 流動性がある(証券会社を通じて株式市場で売買できる)

①株式投資でどうやって利益を得るの?

株式投資で利益を得るには、二つの方法があります。

  • 保有して、配当・優待と呼ばれるお金などを受け取る
  • 株価が値上がりした場合に、売却することで差額を利益として受け取る

しばしば、この二つの方法を考えた場合には、どっちが良いかな? と感じて考えるケースが

ありますが、基本的には、お金には色がついていないので、配当も売却益もおなじ「お金」として、

冷静に考慮することが重要だと思われます。

②株式投資のメリットは?

メリットとしては、うまく行った場合に、

高いリターンが得られる、という点です。

もちろん、うまくいかない場合には、大きく損をすることを意味しています。

だからこそ、より合理的な知識が必要です。

③株式投資のデメリットは?

元本保証ではありません。

投資先の企業が倒産した場合などには、投資した金額が無価値になることもあり得ます。

④期間はあるの?

定期貯金などにあるような「満期」という考え方はありません。

基本的に半永久的に存在する、という認識です。

もちろん、倒産や上場廃止などで消えることがあります。

⑤税金がかかるの?

基本的に、利益に対して税金が20.315%かかります。

⑥流動性は高いの?

高いです。

低いモノの一例として、例えば、現物の不動産が挙げられます。

家を今日売ろうと思っても、すぐに買い手がつかないことがあります。

場合によっては数年かかることがあります。

ですが、株式は、株式市場が開いている時間なら、基本的にいつでも売買が可能です。

つまり、換金性も高い、ということですね。

まとめ

株式投資のポイントを挙げてみました。

より大切なのは、より深く理解することだと思います。

株式には、株式なりの良い点・悪い点があります。

それをしっかりと理解し、具体的に自分の資産運用にどう生かすか?

を、理論を背景にして理解することが大切です。

関連記事

  1. 管理銘柄と整理銘柄

    株式投資の監理銘柄とは? 売買してもいいの?

  2. 実績配当型金銭信託とは投資信託とは違う?分かりやすく6点解説…

  3. 新規公開株のIPOとは

    株式投資 IPO銘柄とはなんのこと? 買い方解説

  4. 毎月分配型投資信託を買ってはいけないの行動経済学的考え方

  5. 一括投資・積立投資・分割投資。おすすめはどれ?

  6. 保険と投資と投資信託の違いは? 比較してみる

最近の記事

  1. 佐々木裕平

月別投稿記事

PAGE TOP