悪口を言うとうつ病が早く治る?:一言ブログ:2023/02/02

こんにちは。金融機関から販売マージンなどを受け取っていない中立的なアドバイザーとして講演執筆活動をする佐々木裕平です。

このHPにも記載していますが、私は以前、会社員時代にうつ病になったことがあります。

その期間の前後、

  • 「できるだけ弱音は吐かないようにしよう」
  • 「人様の悪口は言わないようにしよう」

と考えて生活をしていました。

ところが、最近読んだ心理学の書籍に次のようなことが書いてありました。

  • 研究の結果、積極的に悪口を言うグループの方が、悪口を言わないグループよりも回復・就職率が大きく上がった

というものです。

これはどういうことか?

それは、心の中に悪いもの・大きなストレスを抱えたままにしない方が良い。

吐き出してしまった方が、スッキリして、心の健康にとって良い。

ということを意味しています。

特にうつ病は「まじめで責任感の強い人」がかかる病気、と言われています。

確かに、以前の私は真面目でした(笑)。

いまは、だいぶ健康的だと思います。

ただ、ずっと人の悪口を言うのは、さすがに自分の人生をマイナスに向けてしまいます。

そのため、心理学の書籍には「(大きなストレスのある場合)一日3分など、時間を限定して、悪口を言う・心の中で思うと良い」とありました。

とても良い考え方だと思います。

資産運用は健康とも大きな関係がありますが、心の健康もまた、自分で形成していくことが大切だと思います。

以下、コマーシャルです。

2023年改訂版の投資信託超入門のお知らせです。

 

より一層、図解が豊富になり、最新の知識が学べます。

巻末には出口戦略(取り崩し方法)や具体的なお金の組み合わせ(ポートフォリオ)の一例も乗せています。

 

資産運用初心者の方でも、楽しく学べます。

 

ありがちなお金の間違った増やし方を避けることで、効率よくお金を増やせる方法が満載です。

 

一生使えるお金の知識が満載です。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

関連記事

  1. コーヒーやめたら、頭痛、原因はカフェイン中毒?:一言ブログ:…

  2. 渋沢栄一 設立企業

    渋沢栄一が関わった企業・作った会社は500社?どんなもの?

  3. 金融教育を始めた時に私がやっていた3つのポイント

  4. 料理をすることの本当の価値は9,000万円?

  5. 奨学金制度とは? どんな種類がある? 給付型と貸与型の違いに…

  6. 親子で楽しめる金融教育 お金の知識って、一生大切ですよね? …

PAGE TOP