資産運用のリスクとは|分散しないとまっとうなリターンを得られない?

資産運用のリスクとは

こんにちは。

広島のファイナンシャルプランナー、金融教育研究所の佐々木裕平です。

資産形成にはリスクがつきものです。

 

リスクとはリターンの分散

専門的な表現をするなら、リスクとはリターンの分散です。

何のことでしょうか。

つまり、たとえば一年間で値動きがばらつく可能性の幅のことをリスクというのですね。

これは統計学の知識でわかります。

まあ私は専門が統計学ではないので、統計の専門的なところは分かっていませんが(笑)。

資産形成に必要な部分では、ざっくりとはわかっているつもりです。たぶん。

このリスクにおけるリターンの「分散」の分散とは、散らばりのことです。

 

現代ポートフォリオ理論ではリスクは分散されたポートフォリオにのみまともなリスクプレミアムがつく

ちなみに現代ポートフォリオ理論という、現代の投資理論があります。

現代ポートフォリオ理論には、ノーベル経済学賞の歴代の多くの受賞者の理論がてんこ盛りになっているすんごい合理的な理論です。

その現代ポートフォリオ理論では、リスクに対しては次のようになっています。

「市場の参加者(私たち含む)は、すべての投資家が投資対象を分散し、効率的ポートフォリオにしてるよね」

「つまり、すべての投資家は分散投資によってリスク削減効果を最大限に活用しているはず(仮定)だよね」

「だから市場は分散投資することによって削減できるどーでもいいリスクに対しては、対価(リスクプレミアム)を要求しないはずだよね」

「すなわち、分散投資しないで、集中投資しても分が悪いよね、たぶん」

こんな感じになっています。

 

分散投資でリスクをまともな状態にできているかどうかが大事

資産形成でリスクを考える際は、やっぱり分散投資が重要です。

さあ、世界の皆さんは分散投資が十分にできていて、まともな見返りの得られるリスクだけ背負っているのでしょうか?

ちなみに私は十分に分散投資ができているつもりです。たぶん(笑)。

それではまた。

関連記事

  1. トービンの分離定理とは? わかりやすく解説…できるかな(笑)…

  2. CAPM(キャップエム)は現実でどんな風に利用されている?

  3. CAPM(読み方:キャップエム)のベータとは?

  4. 現代ポートフォリオ理論とは? 誰が作ったの?

  5. 効率的フロンティアとは? マーケット・ポートフォリオがそこに…

  6. 投資のリスクは統計学で出したもの! ってどゆこと?

最近の記事

  1. 資産運用

月別投稿記事

PAGE TOP