資産形成の達人になりたければ、金融危機時こそはじめ時?

こんにちは。

広島のファイナンシャルプランナー、金融教育研究所の佐々木裕平です。

昨今はコロナショックの影響により、世界中の株価が大きく下がっています。

 

このような時には「資産形成をこれから始めよう」と思っていた人には心配事の多い時期だと思います。

「本当に大丈夫なのか」

「いま買うのは間違いなのではないか」

「いっそ資産形成などしない方が賢いのではないか」

 

それらの意見はとても大切です。

またすべての投資は自己責任です。

大きく損をしても誰のせいにもできません。

自分の意志で始めなければいけません。

 

ただ金融教育に携わっていると、資産形成の達人(まあ、そんな人はいませんが、合理的な考え方のできる人、という意味合いですかね)クラスの人は、今回のような金融危機時にはおそらく「普通の人、特に初心者とは違う考え方をしている」と思います。

金融危機時にどのように合理的に考え、より合理的な行動を選択することができるかどうかが、資産形成の達人か、そうでないかを分けるポイントなのかもしれません。

 

それではまた。

関連記事

  1. お金持ちになる方法

    ほったらかし投資術ってどんなもの? 良いの?悪いの?

  2. ロボアドバイザー ファンドラップ

    ファンドラップとは?ロボアドバイザーのリスクとデメリット

  3. 資産運用のポートフォリオ

    1000万円を資産運用する【おすすめ】ポートフォリオ思考

  4. お金がない時の対処法を学ぶより、解決方法を学びませんか

  5. 投資信託 おすすめできないわけ 毎月分配型

    ETN(上場投資証券)とは ETF(上場投資信託)との違い

  6. 米国の株式は1月効果で上がる?それはアノマリー?

PAGE TOP