金融危機の起こった2008年には、どのくらい株価が下がった?

100年に一度レベルの世界同時金融危機時にはおよそ半分に減った

こんにちは。

広島、金融教育研究所の佐々木裕平です。

現在、コロナウィルスの影響により、世界の株価が毎日のように大きく上下に変動しています。

 

仮に今年から資産運用を始めた人がいる場合、大変に慌てているのかもしれません。

かく言う私も、資産運用を始めた時は、毎日のわずかな値動きにもびくびくしていました(笑)。

さて、もしこのまま2008年のような世界金融危機へと発展するとどうなるのでしょうか。

 

2008年の世界金融危機とは、いわゆるリーマンショックです。

この時は、世界の株価の時価総額が年初と比較して、およそ半分にまで下落しました。

身近な例で言うと、Aさんが2008年の初頭に100万円を世界の株式群に投資したとします。

そうすると年末にはその株式群の時価総額が50万円程度になってしまったのですね。

 

もし初心者の私がそんな事態になったら、きっとノイローゼです。たぶんホントに。

もちろんこの状態はいわゆる含み損です。

売却しないと、損失が確定されないのですね。

仮にAさんが2018年末に「もうイヤだ―!」と売却すれば、資産は半分の50万円に減ってしまいます。

 

でも、仮にAさんが「気にしないぜ!」とほおっておけば、資産はその後、二倍くらいになりました。

もちろんコロナショックの現在もプラスのリターンです。

このような現象を非常に乱暴にまとめると、金融経済学では「リスクを背負うことでリターンが補償される」、と言います。

もちろん上記の表現は正しく正確な表現ではありません(汗)。

 

さて、現在市場ではコロナショックで大きく世界の株価が下がっています。

現代のAさんはどうするでしょうか。

それではまた。

関連記事

  1. 個別の株式投資はダメなの?個人的には株主優待が好きです。

  2. 史上最大の株式投資【失敗例】? 資産運用のアドバイス

  3. チャート分析では未来の値動きがわからない理由・お金の増やし方…

  4. ETFとは上場投資信託のこと

    ETFとは?おすすめ銘柄を1つピックアップして解説

  5. リスクってなに?全世界に分散した株式の具体的なリスクは?初心…

  6. 投資信託 損得事例

    投資信託での退職金の運用方法を比較してみましょう。

PAGE TOP