12年ほど前、私がFPになろうと思った理由の一つ

こんにちは。山口県岩国市の中立公正な立場から金融教育情報を発信する非販売系ファイナンシャルプランナーの佐々木裕平です。

本日は自分用の備忘録として、私がFPになったワケの一つを記しておきたいと思います。

金融教育研究所は、2013年に発足しました。

ですので、いつの間にか10年くらいが経ったことになります。

そもそも、どうしてファイナンシャルプランナーになろうと思ったのでしょうか?

私の一番古い記憶では、10年ほど前のある日、なぜか突然「あ! そうだ、私、ファイナンシャルプランナーになろう! 何も売らずに、中立公正な立場でアドバイスをする人になろう!」と思った・・・・・・というのが理由だったと思います。

全然、理由になっていませんが、事実、そうだったのです。

また、もう一つの理由としては、当時、無職でした。

うつ病で働けなくなって、会社を退職して、無職だったのです。

で、(やってはいけませんが!)自分のすべてのお金を短期投資に回してしまいました。

もちろん、これはただのギャンブルであり、本来の長期分散投資ではありません。

ですから、昔の自分にアドバイスするなら「やめろ!」です(笑)。

ただその時、幸運にも世界的に株価が低迷していた時期から、急回復する時期でした。

そのため、何の知識もなく、偶然うまくいきました。

そこで、前々からお金に興味のあった私は、より真剣にお金の勉強を始めた・・・・・・というのも理由の一つかもしれません。

それにしても、もしあの時、世界の株価が低迷する直前だったら・・・・・・今の私はまったく違うことをしていたかもしれません。本当に人生とはわからないものですね。

以下、コマーシャルです。

2023年改訂版の投資信託超入門のお知らせです。

 

より一層、図解が豊富になり、最新の知識が学べます。

巻末には出口戦略(取り崩し方法)や具体的なお金の組み合わせ(ポートフォリオ)の一例も乗せています。

 

資産運用初心者の方でも、楽しく学べます。

 

ありがちなお金の間違った増やし方を避けることで、効率よくお金を増やせる方法が満載です。

 

一生使えるお金の知識が満載です。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 雑記:バイデン氏が大統領になると2021年の株価は上がる?個…

  2. 日本ビジネス書新人賞に応募しました。:一言ブログ:2022/…

  3. ほったらかし投資は気にしないのがコツ:一言ブログ:2022/…

  4. スタンディングパソコン(立ってパソコン作業)はやっぱりとても…

  5. 2023年度スタート! 今年から、金融教育の方法を大きく変化…

  6. 普通の人がお金持ちになる方法は、全世界株式インデックス型投資…

PAGE TOP