投資信託は一本あれば十分

こんにちは。金融機関から販売マージンなどを受け取っていない中立的なアドバイザーとして講演執筆活動をする佐々木裕平です。

投資信託は国内だけで6千本近くがある、とも言われています。

ですが、選び方は単純です。

初心者の方向けに言うと、つみたてNISAの中の、インデックス型と呼ばれるもののなかから選べばよいです。

もっと言うと、経済学的には、全世界の株式に広く分散投資をしてある、全世界株式インデックス型投資信託の中から、選ぶと良いでしょう。

上記の選び方であれば、どれを選んでも、将来的に大差がないと思われます。

また、おそらくですが、ヘンテコなセールスを受けて購入するよりも、ずっと良い投資対象となると思われます。

以下、コマーシャルです。

2023年改訂版の投資信託超入門のお知らせです。

より一層、図解が豊富になり、最新の知識が学べます。

巻末には出口戦略(取り崩し方法)や具体的なお金の組み合わせ(ポートフォリオ)の一例も乗せています。

資産運用初心者の方でも、楽しく学べます。

ありがちなお金の間違った増やし方を避けることで、効率よくお金を増やせる方法が満載です。

一生使えるお金の知識が満載です。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 犬の雷恐怖症対策:一言ブログ:2022/07/15

  2. 経済的暴力(DV)はいけない:一言ブログ:2022/09/2…

  3. 大学生向けのお金の教養(金融教育)承ります

  4. 第3回「令和の年金広報コンテスト」国民年金基金連合会理事長賞…

  5. 奨学金制度の保証人(人的保証制度)と機関保証の違いとは?

  6. お金より大切なものの一つ、それは健康  G4

PAGE TOP