コロナショックの特効薬は?

景気循環のカギは、通常金利の低下だが

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

全世界でのコロナウイルスの感染者が60万人を超えてしまいました。

世界の人・モノ・カネの動きはますます滞っていきます。

もしかすると大きな不景気に突入するかもしれません。

さて、通常の不景気であれば、景気を良くするためには金利の操作が行われます。

 

金利を下げれば、世界は元気になってきた

金利というのはお金のレンタル料金です。

そのため、金利を下げることで世の中のお金の流れが活発になります。

そこで今回のコロナショックでは、世界各国が金利の引き下げを素早く行いました。

通常の経済状況なら、これで景気が回復に向かうはずです。

 

コロナに金利低下の効果はなかなか効かない?

ところが今回のコロナウイルスには金利を下げても、従来のようには景気回復の効果が得られない可能性があります。

なぜでしょうか。

従来であれば、金利を下げることで、住宅ローンや各種の融資が進み、住宅や工場の建設が起こり、景気が良くなっていきます。

ところが今回は景気そのものが主体的に悪くなったのではなく、コロナウィルスの影響により、景気が悪くなりました。

そのため、従来のように金利を下げるだけでは効果が限定的、あるいは弱い可能性があります。

今回のコロナウィルスの影響により、現れた不景気を治すのは、コロナウイルスのワクチンそのものなのかもしれません。

それではまた。

関連記事

  1. 百万円投資

    個人投資家になる方法 100万円投資するなら、どうする?

  2. 年収1億円越え2万500人【賢い個人投資家になるには】

  3. バブル崩壊

    仮想通貨とは?仮想通貨ランキング2018年

  4. 資産運用 おすすめの証券会社は

  5. ミニ公募地方債(住民参加型市場公募地方債)とは?利率は?どこ…

  6. 教育資金贈与信託の対象・期間は?【メリット・デメリット比較】…

最近の記事

  1. 資産運用相談

月別投稿記事

PAGE TOP