貴金属・プラチナ投資にご注意【価格推移】は今後はどうなる?

広島市のファイナンシャルプランナー

白金(プラチナ)鉱山は、相場の低迷で採算悪化?

※金育研究所は金融リテラシーの普及・啓もうに努めています。

 本記事はプラチナ投資を推奨するものではありません。

 お金の知識教育(金育)の一環として記すものです。

 投資の基本は、長期・分散です。

 くれぐれも、プラチナなどの商品系に、短期・集中投資をしないようにしましょう。

資産運用はどうしたらいいの?

プラチナとは?

プラチナとは、宝飾品にも使われますが、

その他にも、自動車の排気ガスをきれいにするための触媒にも使われているようです。

 

なんだか意外ですね。

 

以下ウイキペディア引用です。

触媒として高い活性を持ち、

自動車には排気ガスの浄化触媒として多くの量が使用されており、

さらにはその高い耐久性により同じく自動車の点火プラグや排気センサーなど過酷な環境に晒される部品にも多用される。

 

その他では化学工業でも水素化反応の触媒などとして利用されるほか、

燃料電池への利用も盛んに行われている。

 

これはさらに意外です。

点火プラグや排気センサーにも使われているのですね。

 

プラチナが投資対象?

そして、プラチナそのものは、投資対象にもなり得ます。

 

株式市場があるように、

プラチナにも市場があるのですね。

 

当然ですが、

  • プラチナを欲しい人が増えれば、価格が上昇
  • プラチナを欲しい人が減れば、価格は下落

 

この点も、株式市場と同じですね。

貯蓄から資産形成へ

2018年のプラチナの価格は?

さて、そんなプラチナですが、

2018年の価格はどうなっているのでしょうか?

 

新聞報道によりますと、2月上旬時点では

プラチナ相場は低迷しているようです。

 

  • プラチナ国際価格・・・1トロイオンスが1000ドル前後

(1トロイオンスは、およそ31グラム)

 

1ドル110円とすると、31グラムで11万円もするのですね。

 

しかし、これでも3年前と比較すると、2割安い状況のようです。

 

これにより、鉱山会社が採算悪化に陥っているようです。

 

金とプラチナはどっちが貴重?

歴史的に見ると、希少性が高いプラチナは、

金よりも高く取引されてきました。

 

しかし、2015年に金の価格を下回ります

 

そして、2017年9月には、パラジウムの価格をも下回りました

 

※パラジウムは宝飾品や銀歯、排ガス装置の触媒としても使われます。

お金の学校

なぜプラチナの価格が下がったのか?

どうして、金やパラジウムよりも、

プラチナの方が安くなってしまったのでしょうか?

 

そこには、需要の問題があります。

 

プラチナは自動車の排ガス浄化触媒としての用途が大半を占めます。

 

ということは、電気自動車が普及すると、

自動車(ディーゼル車など)の需要が減ります。

 

当然、プラチナを欲しがる人が減り、価格は下がる・・・という仕組みですね。

 

今後はパラジウムになる?

とはいえ、まだまだ、数十年間くらいは

ガソリン自動車がメインかもしれません。

(もちろん、技術革新が起こり、一切ガソリン車が地上から消えるかもしれませんが)

 

そこで、同じく触媒に使えるパラジウムにも注目が集まっています。

 

パラジウムの人気が上がっているのですね。

 

そのため、2018年1月以降で、

パラジウムの国際価格は過去最高値圏で推移しているようです。

初心者向けの資産運用の種類を比較

投資の基本は長期・分散です

本記事は、お金の知識教育(金育)の一環として記すものです。

 

投資の基本は、長期・分散です。

 

投資対象に【究極の正解】は存在しませんが

プラチナなどの商品系に短期・集中するのは、

リスクが偏りすぎるのでお勧めできません。

 

 

プラチナと白金は違う?

結論から言うと、同じようです。

 

元素記号にすると、ptと表記されるようです。

 

専門外なのですが、漢字表記にすると、

白金(はっきん・しろがね)になるのですが、

金とは元素レベルから違うようです。

 

 

 

プラチナとホワイトゴールドの違いとは?

パッと見は、プラチナもホワイトゴールドもキラキラしているので

似ていますが、内容は異なります。

 

表記によって、異なります。

  • プラチナ・・・「pt950」であれば、プラチナが95%含まれ、残り5%はその他の金属です。
  • プラチナ・・・「pt900」であれば、プラチナが90%含まれ、残り10%はその他の金属です。
  • 金・・・「18金ホワイトゴールド」であれば、金75%であり、残り25%はその他の金属です。

 

つまり、プラチナは1000分率で表記されます。

 

1000に近い数字ほど、プラチナの含有率が多いのですね。

 

そして、金は24分率で表記されます。

 

例えば、24金なら、ほぼ100%ゴールドですね。

 

そして、18金なら、18÷24=0.75(75%)です。

 

 

■お知らせ

拙著がAmazonさんのキンドルランキングにて

2018/2/5

  • 1位 人生論・教訓部門
  • 1位 自己啓発部門
  • 1位 倫理学・道徳部門

にて1位を達成いたしました。

 

電子書籍版です。

 

紙の書籍版のランキングではありません。

Amazonランキング

 

すべての電子書籍ランキング全体では6位にランクインいたしました。

 

(2/7 全体5位)

関係者・読者の皆様に厚く御礼申し上げます。

これからも金融リテラシーの普及・向上に努めてまいります。

 

小さな事務所ですので大きなことはできませんが、

一つ一つ、お一人お一人の疑問やお悩みにお答えできるように努めてまいります。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

金育研究所

金育研究所メニュー

トップ

投資セミナー

個別相談

ご挨拶

書籍&メディア情報

よくある質問

アクセス

個別相談 料金

関連記事

  1. 貯金の仕方 低収入の主婦でも貯まる 佐々木裕平 お金の学校

    貯金の仕方「低収入時代でも貯める」主婦じゃなくても家計簿

  2. 家族とお金

    お金の学校⑪ 投資と投機の違いはどこ?

  3. ニーサとはなにか、わかりやすく解説します

  4. 初心者におすすめの投資信託とは

  5. 広島の投資セミナー

    広島 投資相談 よくあるご質問まとめ 改訂版

  6. 個人投資家は2016年は株式を買っていない

    個人投資家って増えてる? 減ってる?

PAGE TOP