資産運用裏話

ニーサとはなにか、わかりやすく解説します

ニーサとは何でしょうか?

少額投資非課税制度のメリット

ニーサとは、NISAと表記されますが、少額投資非課税制度のことです。

 

もう少しわかりやすくいいますと、

年間120万円までの投資枠内の利益にかかる税金が非課税になるというものです。

 

たとえば、120万円で株式を買ったとします。

これで、その年のニーサ口座の枠は使い切ったことになります。このまま最長5年間、保有できます。そして、5年以内の配当や分配金、売却益などの利益にかかる税金がゼロになるのです。

たとえば、120万円で買ったニーサ枠の株式が140万円に値上がりした所で売却したとしましょう。

利益は、20万円ですね。

 

普通の講座では? 通常は、20・315%の税金がかかります。

ですから、利益が20万円なら、4万630円が税金で引かれて、手取りが15万9370円です。ですが、ニーサ口座なら、非課税ですから、20万円丸々手元に入る。というワケです。

そして、ニーサ枠には他にもこのような特徴があります。

 

・証券会社でニーサ口座が作れる(通常の口座と一緒に開設しましょう)

・毎年120万円の枠が追加される(期限あります)

・その年に使い切れなかった枠は翌年に繰り越せない。たとえば、今年まったく使わなかったとしても、翌年に120万+120万の枠にならない。買った金融商品のみ繰り越せます。

・損益通算できない(損失が出ても、利益と相殺できません。普通の口座ならできます)

・120万円の枠なので、10万円の株を12回売買すれば、120万円使い切ったことになる

 

このように、ニーサ口座は

利益が非課税になるという点では、非常に魅力的なのですが、気をつけていただきたいのが

その他の点では、普通の投資と全く同じということです。

 

リスクも同じです。

元本割れをすることがあります。

 

そして、更に気をつけていただきたいのが

初心者にはニーサ口座を上手に使うのはむつかしい!

ということ。

 

なぜでしょうか? それは

・非課税枠を使い切ろうとすると、買い時でない年にも買ってしまう(高値掴みをして損をしやすい)

・非課税の恩恵を長く受けようとするあまり、売り時であっても売れない

 

結果として、普通の口座で運用するよりも、損をしやすい行動を取りやすくなってしまうことがあるのです。

ニーサ口座は確かに非課税という点では魅力的ですが、その魅力を最大限に使いこなそうとすればするほど、損を招きやすい行動を取りやすくなります

 

初心者の方は、ニーサ口座に過度の期待をせず、オマケ程度に考えたほうが健全な投資ができやすいかもしれません。

 

コメントを残す

*