いまはバブル? 不動産投資信託(J-REIT)が高値を回復したワケ

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

不動産を証券化し、それを投資信託にしたものが存在します。

その不動産投資信託をJ-REIT(ジェイリート)と呼びます。

おおざっぱに言うと、そのJ-REIT(ジェイリート)不動産市場の値動きを見ると、国内の不動産市場の様子が分かります。

さて、そんなJ-REIT(ジェイリート)ですが、現在、非常に高値です。

具体的には、およそ12年ぶりの高値圏にあります。

12年前と言えば、なにがあったでしょうか。

2008年がリーマンショックによる世界同時金融危機がありました。

12年前とは、その前年の2007年の、非常に好調な時です。

つまり、国内の不動産市場は、およそ12年かけて元の水準に戻ったともいえます。

また、見方を変えれば昔を上回ったともいえます。

なぜでしょうか?

その理由は、大きく二つあるといわれています。

  1. 金融機関のお金がJ-REIT(ジェイリート)に流れ込んでいるから(マイナス金利下なので、お金の貸し借りだけでは金利が稼げないので、利回りの高いJ-REIT(ジェイリート)にお金が流れ込んでいる)
  2. 日本の中央銀行である日本銀行がJ-REIT(ジェイリート)を買い続けているから(金融危機後の2010年以来、およそ5500憶円のお金でJ-REIT(ジェイリート)を買っています)

これって「J-REIT(ジェイリート)バンザイ!」な状況です。

……が、これってどこかで見た構図です。

私はうっすらと1990年のバブル崩壊前の日本の様子を思い浮かべます。

現在のように、大量のお金がJ-REIT(ジェイリート)に流れ込んでいる状況は、とても良いことであると同時に、不動産価格の高騰を招きます。

それは、長い目で見れば、バブルと呼ばれる現象かもしれません。

景気は循環する性質を持っていますし、平均に回帰するという性質も持っています。

それを考えた場合、このお祭り騒ぎは永遠には続かないとも思います。

やがて、国内の不動産価格は一気にしぼむ可能性もあります。

このような文章を、2017年末ごろにも書きました。

その時はJ-REIT(ジェイリート)ではなく、ビットコインバブルに対する警鐘として書きました。

その時の予想は、的中しました。

ビットコインはバブルであり(生産に参加していない資産なのでそもそも投機ですが)、価値は大幅に下落しました。

今回のJ-REIT(ジェイリート)の価格高騰がバブルかもしれないという記事の予想が、当たらないことを願います。

関連記事

  1. 株式投資のアノマリーとは?

  2. 不動産投資と不動産投資信託どっちがいいの?

  3. ロボアドバイザーの評判は? 成績を比較すると見えてくるもの

  4. 資産運用のポートフォリオ

    2017年もバランスファンドがおすすめなの?(投資信託)

  5. 不動産投資で失敗?中古住宅|ブログで学ぶ3つのポイント

  6. 初心者向けの株式投資の勉強

    株式投資・投資信託||初心者向けの勉強【損益通算とは?】

最近の記事

  1. 資産運用講演佐々木裕平

月別投稿記事

PAGE TOP