株式投資あれこれ話

株式投資 IPO銘柄とはなんのこと? 買い方解説

新規公開株のIPOとは

資産配分の一角としてIPO株を考える

 

2017年上半期のIPO株の結果は?

2017年6/21時点で、上場した35社のうち9割強(32社)で株価が公開価格を上回りました

(参考:日本経済新聞)

 

公開価格は(公募・売り出し価格)とも呼ばれます。

2017年の上半期は新興株相場が堅調なこともあり、個人投資家の資金の回転が良好なようです。

 

IPOって何のこと?

IPOとは新規株式公開のこと(イニシャル・パブリック・オファリング)

新規公開株のIPOとは

株式市場には2017年時点でおよそ4000社ほどが上場しています。

IPO株は新規公開株ですから、いままでは買えなかった株が誰でも市場で買えるようになる、ということです。

↓のイメージ図は東京証券取引所のイメージ図です。

このように、上場して初めて一般的な投資家は企業の株を買うことができます。

ちなみに国内の株式会社の99%は上場しておらず、株式を買うことはできません。

株式市場の仕組み

IPO株を買うと儲かるの?

儲かるかどうかは経済情勢や、その会社の人気によります。

たとえば公募価格が20万円のA社があるとします。

公募価格というのは、初めて投資家が買う値段のことです。

 

そして、A社株が市場で売買されるときに最初につく値段が初値です。

そして 公募価格と初値の差額=損益 にすることができます。

 

たとえばA社の場合、初値が40万円になった、と仮定します。

すると、20万円で買った物が40万円で売れるのですから、

額にして20万円。

率にして200%の利益になります(20万円の元本が100%の状態)。

 

もちろん公募価格で購入後、値段がグッと上がるまで持っておくこともできます。

 

 

IPO株でどのくらい儲かるの?

では具体的に2017年のIPO株の値動きを見てみましょう。

※ここで紹介しているのは特に値動きの良かったものです。

IPO株が全て利益を生むとは限りませんのでご注意ください。

 

銘柄名/上場日/6月21日時点での株価上昇率

・IIF / 3・21 / 5.9倍

・ファイズ / 3・15 / 5.7倍

・ビーブレイク / 6・15 / 4・3倍

 

このように、大きな値動きをすることもあります。

投資信託では、値動きが大きく動いても2倍程度であることを考えると、

非常に大きな値動きです。

 

2017年に大きな値動きをしている背景には、

既存の大型株の値動きが重い(変化しにくい)という理由もあるようです。

 

IPO株はどこで買えるの?

さて、そんな魅力的なIPO銘柄ですが、どこで買えるのでしょうか。

基本的にIPO銘柄を最初に買う権利を手に入れるのは抽選です。

 

そして最初の問題として、どこの証券会社にするか? があります。

じつはIPO銘柄はどこの証券会社でも取り扱っているとは限りません。

 

大手リアル系の証券会社では、大口顧客などを優先する傾向があるようですし、

インターネット証券では扱っていないところもあります。

 

ただ、チャンスが平等という点を考えるとインターネット証券が

個人投資家にとっては有利なようです。

 

IPO株はどうやって買うの?

そのため、個人投資家がIPO銘柄を買うチャンスを増やすためには

複数の証券会社に口座を開くことが一つの作戦になります。

こうすることで、仮にチャンスが平等なら、証券会社の数だけチャンスが増えます。

 

一般的にはブックビルディング方式と呼ばれる方法で 申し込み→抽選となります。

 

①IPO株の仮条件価格が1000円~2000円などと示されます。

②その仮条件の範囲内で、希望価格を示します。

(たいていの場合は上限2000円にしておかないと買えません。また上限に達しないようなIPO株では上場後に高値が付きにくいこともあるようです)

③抽選

(希望者が少ない場合は抽選は行われませんが、抽選になることが一般的です)

 

IPO株で投資をしてもいいの?

投資の基本は、やはり分散投資長期投資です。

そのため、ご自分のポートフォリオ(資産配分)を組む際は、

世界各国に分散することが基本になってきます。

 

これは、長期的に見ると日本は人口減で今後、経済規模が縮小していくことが考えられるからです。

つまり、株式市場全体が減少しかねません。

 

そんな中でIPO株だけを持っていると、

短期的には大きく値上がりすることが考えられますが、長期では不安です。

日本国内だけの投資に集中しているから、短期・集中投資という、反対の状況になってしまうからです。

 

そのため、IPO株に挑戦する場合は、ご自分の資産の十分の一など、ある程度の分散条件が必要です。

個人投資家のポートフォリオ一例

まとめ

・IPOとは新規公開株のこと

・投資信託などにはない、大きな値上がり益が期待できる

・競争は激しく、抽選になる

・スポット的な投資として使うと資産全体のバランスが崩れにくい

 

コメントを残す

*