おすすめの投資信託はアクティブ型? それともインデックス型投資信託?

投資信託会社の実力、いわゆる運用力は事前に分からない

2019年7月20日の日本経済新聞社の記事見出しの中に「投信会社『運用力』で選ぶ」というものがありました。

記事は過去五年で見た投資信託会社別の運用実績ランキングが載っており、とても良い記事でした。

投資信託の会社の運用力は事前には分からない

ここで誤解がないように注意したいのが、これはあくまでも過去5年間のランキングだった、という点です。

わかりやすく言うと、過去五年での上位がたとえナンバー1だったとしても、今年、そして来年もナンバー1かどうかがわからない、ということです。

その理由は、未来のことは事前に分からないからです。

つまり、過去運用成績の良かった投資信託会社が今年も良いという保証はどこにもないのです。

また、過去の運用成績が悪かったからと言って、未来も悪いとは限りません。ひょっとしたら、ナンバー1かもしれないのです。

これは、市場の値動きがランダムウォーカーだから起こりえます。

わかりやすく言うとでたらめなのです。

おすすめの投資信託はアクティブ型投資信託? インデックス型投資信託?

投資信託には大きく分けて二種類があります。

アクティブ型投資信託とインデックス型投資信託です。

理論上は、どちらが有利でしょうか?

筆者はインデックス型投資信託だと考えています。

また、日本経済新聞の同記事では、このような興味深いデータも紹介されていました。

要約するとこんな感じです。

国内株式型→45社中31社のアクティブ型投資信託がインデックス型の平均を下回った。

先進国株式型→49社中42社のアクティブ型投資信託がインデックス型投資信託の平均を下回った。

バランス型→38社中33社のアクティブ型投資信託がインデックス型投資信託の平均を下回った。

どう解釈するかはその人の自由ですが、筆者はとても興味深い印象を受けました。

資産運用・投資セミナーなら広島の金融教育研究所へどうぞ

金融教育研究所では、体系的に学べる公開講座を定期的に開催しています。

初心者の方でも安心して楽しくわかりやすく学べます。

金融・保険商品の販売・勧誘・斡旋は行っておりません。

どうぞお気軽にご参加いただければ幸いです。

関連記事

  1. 資産運用のおすすめ 少額でもいい

  2. 中国新聞 佐々木裕平 ファイナンシャルプランナー

    お金の学校1 72で割りましょう!複利効果でお金持ち?

  3. 資産運用のポートフォリオ

    1000万円を資産運用する【おすすめ】ポートフォリオ思考

  4. 広島市のファイナンシャルプランナー

    退職金の運用方法 1000万円の3つの使い道を比較する

  5. ドルコスト平均法は初心者にお勧め

    ドルコスト平均法とは 簡単だけど良くわかる4つのポイント

  6. 元本保証の投資【ランキング】1位・2位・3位をつけるなら?

ブログ統計情報

  • 219,211 アクセス

最近の記事

月別投稿記事

PAGE TOP