2021年の株価はどうなる?(個人的な予想)

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

今年も残すところ、2週間ちょっととなりました。

皆様にとって、2020年の資産運用はどのようなものだったでしょうか。

2020年の株価はコロナショックや金融緩和で、ジェットコースター?

思い返せば、2020年の1月は全世界株式が過去最高値になっていました。

2019年の12月ごろからコロナウイルスのニュースは出始めていましたが、2020年の3月には久々の「ショック」が訪れました。

全世界株式でもおよそ3割程度の大幅な下落になりました。

これは珍しいレベル2(2標準偏差)の振れ幅でした。

※でも、リーマンショックのような珍しいレベル3にまではいきませんでした。

その後、2020年12月14日現在では、元の水準にまで回復をしています。

同じものを買っていても、運用次第で結果は大きく異なった

  • 2020年1月に高値掴みをした人
  • 2020年3月に安値で売った人
  • 2020年積立投資に徹した人
  • 2020年中長期保有に徹した人

いろいろな人がいたと思います。

でも上記の4人のケースでも、同じ投資対象を選んでいても、運用方法が異なるだけで、大きく成果が変わったのかもしれません。

 

未来はランダムウオーク世界だから、そもそも2021年の株価予想は無意味だけれど?

金融経済学的には、市場はランダムウオーク世界です。

つまり、事前の予想は無意味です。

すでにわかっている情報は市場の価格に織り込まれている、と考えられています。

なぜでしょうか?

それは市場が、世界最高のスーパーコンピューターの集合体だからです。

世界中の人間の、高度な脳みそであるスーパーコンピューターがそれこそ、数十億人分、稼働しています。

それが市場。

ありとあらゆる情報が市場を通して、一つの価格へと形成されていきます。

だから市場は効率的だと考えられます。

効率的市場仮説ですね。

でも、そんな素晴らしい世界では、値動きは「未来のわからないニュース」でしか動きません。

で、それは今の段階では誰にもわかりません。

だから、そもそも「2021年の市場の値動きを予想するのはよそう!」、となります。

先に謝ります。

下手なダジャレでごめんなさい。

個人的には、大きな危機がなければ2021年は大幅に世界の株価は上昇する?

ただ、個人的には、次のように考えています。

  1. 世界各国はコロナショックで、経済がピンチになった
  2. 現在世界各国で、ピンチを乗り切るための金融緩和を実行中
  3. 世界中にお金が余っている
  4. で、そのお金は株式市場に流れ込み、経済は弱いけど、株価は好調
  5. 2021年はコロナのワクチンがいきわたれば、経済は回復
  6. でも金融緩和はすぐにはやめられないから、当面の間は株価の高い状態が続く
  7. だから2021年は、しばらく株価が高い状態が続く
  8. いつまで? 次の大きな悪いニュースが出るまでか、金融緩和が落ち着くまで? それはわかりません

というような感じではないかと、現在のわかっている情報をもとに私は考えています。

でも、これはたぶん外れます

だって、いまわかっていない情報が考慮されていないからです。

たまたま似たような結果になっても、それはたまたまとしか言えないと思います。

でも、未来は不透明だからこそ面白い気もします。

それではまた。

 

関連記事

  1. 日本の金融教育は世界より劣っている? それホント?

  2. 家族とお金

    資産運用【終活ノートおすすめ】100万円でも1000万円でも…

  3. タンス預金か投資か

    家庭用金庫の売り上げが急増【タンス預金】急増の秘密

  4. 不動産投資の初心者が読むべき本

  5. コロナウィルスを考慮し、広島のマネーセミナー2月29日開催分…

  6. お金を増やす授業 ぱる出版

    資産運用を学びたい初心者の方へのおすすめ本|お金を増やす授業…

PAGE TOP