やってはいけないリボ払い・知っておきたいお金の常識・第59回お金の学校

佐々木裕平のお金の学校

こんにちは。金融教育研究所の佐々木裕平です。

動画です。自動文字起こしを使用していますので、誤字脱字があります。

 

金融教育研究所 公式HP https://kinikuk.com/ 講演相談など、どうぞお気軽にお問い合わせください。 この動画では、リボ払いや借金・株式投資から得られる期待リターンなどについて解説しています。 金融教育・資産形成・資産運用・投資に関する講演・執筆のご相談など、お気軽にどうぞ! 講師:佐々木裕平プロフィール 金融教育研究所代表 国家資格:1級ファイナンシャルプランニング技能士(ファイナンシャルプランナー) 1979年、広島県広島市出身。2002年中京大学商学部卒業。「すべての人に 金融リテラシーを」をモットーに、中立・公正な立場での情報発信を心がける。 書籍、記事執筆・各種講演・公開講座などで金融リテラシー(金融教育)の普及啓もう活動に尽力。 書籍・記事執筆などメディアで活動する一方、行動経済学(プロスペクト理論)と金融経済学(現代ポートフォリオ理論)を背景にした講演を行う。また、金融教育研究所代表として、定期的に市民向けの公開講座を開催している。 「入門 お金持ち生活のつくり方」(こう書房)Amazonの全書籍部門にて、全体1位のベストセラーを達成。 「投資信託超入門」はAmazon投資部門にて1位のベストセラーを達成。2021年5月新刊発売「FPの先生! 小学生の私でもわかるように、お金の増やしかた教えてえや」文響社より。 趣味(日課)は論文・書籍を読むこと。 Amazon著者ページ:https://www.amazon.co.jp/%25E4%25BD%2… 講演依頼ドットコムページ https://www.kouenirai.com/profile/8449 FPの先生! 小学生の私でもわかるように、お金の増やしかた教えてえや:文響社 https://www.amazon.co.jp/gp/product/B… 入門 お金持ち生活のつくり方:こう書房 https://www.amazon.co.jp/gp/product/B… 投資信託超入門 金融教育研究所 https://www.amazon.co.jp/gp/product/B… ストレスゼロの絶対貯金:青月社 https://www.amazon.co.jp/gp/product/4… 学校では教えない! お金を増やす授業:ぱる出版 https://www.amazon.co.jp/gp/product/4…

はいこんにちは金融教育研究書先雄平です
今日のテーマはこちらやってはいけない
義母払いというものについて見ていきたい
なと思うんですが自己紹介を失礼致します
金融教育研究相というところですね運営し
てます佐々木英です英金融リテラシーの
普及啓蒙脳活動をしています
書籍や公園などで
お金の話をしています
まあわかりやすいですね子供6型のところ
からですねちょっと楽しいの観点小説です
とかですね
あとはおかげさまで投手 amazon と
は4部門でベストセラーになったりですね
ええ
短い期間でしたが全 amazon 全体
ベストセラーのベストセラーにもなりまし
たありがとうございます
で話を戻しまして今日の低脳ですねやって
はいけないリボ払いですね
カードでお買い物をしているとよく一括で
いいですかとかですね
聞かれます
うーん普段私一括でしか買い物をしません
タブを館の専門家の多くほとんどの人は
ですねリボ払いはスカはなくって一括しか
買わない思いますじゃあこのリボ払いって
何かなぁって言いますと
拳銃でですねこう
だキュンってやつですねこう昔の件中
今もありますけど次元大好きなルパン3世
ンってくる次元大好きが使うようなリボル
バーってあるじゃないですかマグナム
ところですね球がよく5発とカロパスとか
入っていこう
弾がなくなったら紅茶って装填して
カリカリったってば嫌う技術やつですね
あれをごリボルバーっています回転する
回転するわけです魂が次々に回転弾倉実際
が館回転して玉が出てくるこれをにボル
バーって言うんですけどもその
リボルビングなんですね今リボ払いは
リボルビング払い
いいます
毎月毎月
ちょっとずつ返していく
ちょっとずつちょっとずつちょっと
ちょっとずつお金を払っていくという
いわゆる借金ですね
で英知をつけたいのはカードで払うときは
できるなき一括で払ってほしいんですね
カードというの借金で払うっていうことな
んですけども第三者の人が立て替えてくれ
自分が払っているな気がするんですが実際
は誰かが1回たて書いてるんですね
立て替えてて払ってくれてるんですけども
よく別になったら自分が払うわけですが
一括払いにすると100円のものこれが
例えばマウスが100円だとすると
100円で帰ったら100円払う来月
100円払うという詩仕組みです
でもリボルビング払いして毎月10円とか
払いますよってしたら10か月で100円
で払っておしまいじゃなくてものすごい
たくさん貼らないといけないですね
200円300円払わないといけなくなっ
ちゃう
なんでかっていうと
枚接ぎ回数額はちょっとずつなんですけど
も金利っていうのは数
動いた解禁でつくんですね15パートか
20パートがついちゃうらしいんですね
これがすごい高いんです
20パーてヤンマー高くないんじゃないと
か思われる人もいるかもしれませんけども
資産運用の
場合ですねリスクと期待リターンがすごい
高い株式100%の市場平均の
インデックス長門を信託いわゆる経済学上
これが一番いいよんっていう組み合わせの
この金融商品ですねこの
全世界型の投資信託などであったとしても
長期で見た時のですね期待リターンは多分
語録パーじゃないか黒くパー+長期金利
今現在調基金にほぼゼロなのでざっくり
語録とはじゃないか
っていうのが
社員が世界的な共通認識なんですね
でもリボルバライディボール bing
払いリボ払いにすると15ロック part
られるんですね
すごい高いんですね資産運用でリスク
背負って得られるボロックパーよりも遥か
に高い金額を
リボ払いにすると背負わないといけないん
ですね自分からものすごい勢いでお金が
逃げていてしまうわけです
なので資産運用を心がけている人は決して
ですねリボ払いにしないようにしてほしい
なって思います
[音楽]
カード会社によってはにぼ払いにすると
ポイントがはキャッシュバックとかやり
ますけども
それはほんのちょっとだけ帰ってきてその
分ものすごいパー払ってるって仕組みなん
ですね
なので学生の方はもちろんですね特に学生
さんですね成人年齢引き下げで早くから
カードが持っているようになりますけれど
にょぼ払いだけは一生使わないでほしい
なぁと思いますもうすぐ以上に
金利が高いんです
ものすごい今日でお金が減っていきます
からリボ払いだけはしないようにして
くださいちょっと脱線しまして
この表何かと言いますと十尾の人気金分離
定理っていうものです2つのお金の置き
場所で自分にぴったりのポートフォリオ
館のですね置き場所が分かりますよーって
いうものです
まず一つ目はですねおなじみの預貯金です
銀行や郵便局に置いておける安全なお金
期待リターンはゼロほとんどゼロでリスク
もゼロ増え減らない増えない減らないって
いうものなんですけどもそれとですね
リスクと期待リターンの効率が議論ん上
最も良いだろうと考えられるのがあっ
全世界株式に分散とを使用したもの
いわゆる全世界のインデックス型投資信託
と呼ばれるものなんですねこの2つのです
ねものをばこの比率をですね変更すること
によって
例えば100万円あったら
50万円を
だいたいこんなんで50パー50本
50万円を一番50万円2倍
おいておくとするとが大体この辺のですね
期待リターン2.5パーディスク10分
くらいになるかなと思います
こんな風にですね資産運用から得られる
リターン
リスクをすごい背負っても max 5
パーぐらいなんですね
なのにいい
リボ払いにするとですねものすごい高い
return マイナスのリターンをです
ね延々とこう
一方的に払わないといけなくなりますので
a
楽生さんですとか資産運用す心を開ける人
も誰でもそうなんですがリボ払いだけばし
ないようにしていただければいいかなと
いうふうに思いますはい今日の海の学校は
ここまでです長時間お疲れ様でした
さよなら

以下、コマーシャルです。

2023年改訂版の投資信託超入門のお知らせです。

 

より一層、図解が豊富になり、最新の知識が学べます。

巻末には出口戦略(取り崩し方法)や具体的なお金の組み合わせ(ポートフォリオ)の一例も乗せています。

 

資産運用初心者の方でも、楽しく学べます。

 

ありがちなお金の間違った増やし方を避けることで、効率よくお金を増やせる方法が満載です。

 

一生使えるお金の知識が満載です。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 資産運用は貯めるだけではダメ?金利とは・お金の授業・第8回【…

  2. 長期分散投資をしたらうまくいく理由・標準偏差・正規分布・統計…

  3. 金融リテラシーの向上がお金持ちになる方法・投資・資産運用・第…

  4. 行動経済学・一例・プロスペクト理論・投資

    動画【お金の学校】行動経済学のプロスペクト理論と損失回避性を…

  5. リスクってなに?全世界に分散した株式の具体的なリスクは?初心…

  6. 佐々木裕平のお金の学校

    【動画】学校では教えてくれないお金の教養 1時間版

PAGE TOP