ETFとは上場投資信託のこと【おすすめ】

ETFとは上場投資信託のコト! 8つのおすすめポイント

ETF(上場投資信託)の種類比較

ETFって結構すごい!?

ETFとは

  • Exchange
  • Traded
  • Fund

の頭文字を取った金融商品です。

 

(´・ω・`)「・・・意味わからん・・・」

 

・・・というと、まるで未知の金融商品な感じがして

普通の人は、これだけでやる気をなくします(笑)。

 

ところが、実際は大変親しみやすいのです。

日本語に直すと、株式市場に上場している投資信託です。

いかがですか?

急に親しみが出てきましたね。

 

それでは、そんなETF(上場投資信託)の

スゴイポイントを8つ紹介します。

 

①平均点が買える! からスゴイ

平均点が買えるからスゴい!」

といってもピンときませんが・・・。

 

じつはこれがすごいことなのです。

平均点というのは、市場の平均点のことです。

たとえば

  • 日本で言うと日経平均株価
  • アメリカで言うとNYダウ

などの市場の平均点のことです。

 

この色々な国や地域の株式市場債券市場

平均点の投資信託をインデックスファンド(平均点の値動きをする投資信託)っていいます。

で、それが株式市場に上場しているのを、ETF(上場投資信託)っていいます。

 

昔は平均点を個人が買うのは不可能でした。

たとえば、日経平均株価の平均点を個人が買おうとすると、

東証1部上場企業の特定の株式225社を買わないといけません。

 

そのためには1億円くらいの資金が必要になりますから・・・。

でも、現在では、個人でもそれがデキル!

まず、ここがスゴイのです。

 

②低コスト!

株式市場に上場していない平均点(インデックスファンド)もありますが、

上場している投資信託、つまりETFの方が、コストが安い傾向にあります。

 

ここがスゴイのです!

安いので0.1%前後です。

 

・・・と言ってもやはりピンとこないかもしれませんが、

世の中には、コストが1・5%や2%を超えるものもあります。

 

最終的に数百万円などの差になることがありますので

(つまり損益にダイレクトに影響します)

コストが安いETFがスゴイ! のです。

信託報酬とバランスファンド、ファンドラップとロボットアドバイザー

③大半は1~3万円程度で買えるからスゴイ

平均点を買うのに、1億円もいりません。

1~3万円で買えます。

数千円で買える物もあります。

 

ETF(上場投資信託)は価格も購入しやすい設定が多いです。

株式と比べると、積立などにも向いています。

ただし、自動積立の仕組みはまだ(ほとんど)ないはずなので、任意での積み立てが必要です。

 

④個別株のような選定が不要だからスゴイ

個別株式では、割安な株を探したり

成長が見込めそうな株を探す必要があります。

けれども、ETF(上場投資信託)ではそれが不要です。

 

なぜなら、国や地域全体の市場を買えるからです。

もう、個別の株式分析など一生しなくていいのです。

 

⑤ブームも不要

建築ブームや、ITブームなどのブームも関係ありません。

お宝銘柄を探して、頻繁に対象を乗り替える必要がありません

なぜなら、すべての業種が入っている大きな枠のETF(上場投資信託)があるからです。

 

⑥国際分散投資が容易

海外への投資はハードルが高かったものです。

外国株式専用口座を開き、

為替レートや為替手数料、口座管理料を支払い、取引をします。

ですが、ETF(上場投資信託)なら、

普通の証券口座で、国内株式と同様に売買できます。

なぜなら、株式と同様に上場している投資信託だからです。

 

⑦為替リスクも軽減できるからスゴイ

ドルの値動きだけを追っていて、

取引を遠慮していたのはもう昔の話です。

 

世界中の指標に分散投資をすれば、

インド・中国・EUなどなど・・世界中の通貨で運用ができます。

国際分散投資をするということは、通貨リスクも分散することなのです。

 

⑧株式だけじゃないからスゴイ

投資対象は株式市場だけ・・・ではありません。

世界中の債券にも投資できます。

また、金や原油なども、買えます。

株式市場はもはや、株式だけを売買するところではないのです。

 

まとめ

  • ETF(上場投資信託)は平均点
  • 現代の株式市場では株式以外の物が買える
  • ETF(上場投資信託)を使えば国際分散投資が容易にできる