貯蓄方法(貯金は資産運用の要です)

資産運用のおすすめ 元本保証でまず500万円を形成

元本保証の資産運用

元本保証でまずは500万円の資産を作りましょう。

 

安定した投資には、貯金の仕組みつくりが欠かせません。

あらかじめ申しておきますが、預貯金と国債を除くおよそすべての投資には元本割れのリスクが伴います。

今回は、もっとも身近な投資法である、預貯金に目を向けてみましょう。

預貯金も立派な資産運用の一つです。

この元本保証型の資産運用がしっかりできていないと、運用が不安定になりやすくなります。

 

投資をこれから始めたいと思う方が最初に陥る落とし穴とその回避方法をご紹介します。

 

資産運用 預貯金で元本保証

 

まずは、落とし穴の仕組みから見ていきましょう。

 

落とし穴(資産運用が、安定せずに失敗しやすい流れ)

少額で投資を始める

利益が出ても、少額だから面白くない

もっと大きな利益を得たいので、短期的に売買を繰り返す

景気の流れと無関係な投資になりやすく、利益を得にくい

結果として、資産運用が安定しない

 

これが資産運用が安定しにくい人の一例です。

たとえば、10万円程度の少額で投資をしていると、1%の利益だと千円です。

多くの人は満足できないでしょう。

まして、年間利回り1%=1千円だと、楽しくありません。

そこで、誰でも考え付くのが「短期的に売買を繰り返し、1%の利益を何十回、なん百回も得れば、大金になる」

という考えです。

 

ですが、これは不可能です。

なぜでしょうか?

 

理由は単純です。

景気の流れに沿っていないのです。

個人の「利益を得たい」という願望通りに株価などが動くことはあり得ません。

ですから、短期勝負そのものが間違っているのです。

たとえば、通貨取引のFXというものがあります。

これは短期的に使うこともできますが、プロでも勝率は5割程度です。

 

個人が行えば、5割を下回るのは容易に想像できます。

このように、短期的な勝負は非常に効率が悪いのです。

 

・少額から始めると資産運用は安定しにくくなります。

ではどうしたら良いのか?

答えは、ある程度まとまった高額で投資をすることです

 

(※よく、毎月数千円とか、数万円をコツコツと買い続ける投資方法を推奨しているところがあります。

 けれども、それは危険です。

 それは、高い時も安い時も買うからです

 車で言えば、アクセルとブレーキを同時に踏み続けている、おかしな運転状態です

困ったことに、いま、日本中がそのようなおかしな風潮に流されています。

 毎月コツコツと個人投資家に投資商品を買わせて利益が出るのは誰なのか?

 ブレーキとアクセルの同時踏みで、損するのは誰なのか?

 一度考えてみましょう。)

 

そこで、まずは、500万円くらいの資金を元本保証で形成するようにします。

こう言うと

「元本保証なんてあるの?」

と思われるかもしれません。

その方法とは「銀行や郵便局の預貯金」です。

一般的な名称としては自動積立預貯金で知られていますね。

 

「預貯金なんて、資産運用じゃない!」

 

と思われるかもしれませんが、その考え方は間違っています。

資産運用が上手な方は、預貯金の仕組みが整っています。

なぜなら、投資はいつやっても良いものではありません。

もちろん、「毎月コツコツと少額を投資すれば良い」というのも、間違いです。この考え方は、あくまでも投資の超初心者向けの解説であり、デメリットも多いのです。

ご注意ください。

 

投資では売買のタイミングが重要です。

状況が悪い時は、何年間も資産を動かさない時もあるのです。

(いつ投資をしても利益が得られるということは、あり得ません!

確かに、目先の小さな利益は得られることもありますが、長期的に見ると大きな利益を逃しています)

 

そこで重要なのが、

「(投資に適していない時期は)元本保証で資産運用をする=預貯金を活用する

ことです。

 

・預貯金なら、元本保証で損失を防げる

当たり前ですが、預貯金なら預けたお金は減りません

これが重要です。

投資に適していない時期にダラダラと資金をリスクにさらしておくのは資産運用とは言えません。

預貯金は立派な資産運用です。

 

まだ投資の資金が少額な人は、冒頭で紹介したように、損失を招きやすくなりますので、まずは預貯金の自動積立を使って、元本保証で500万円くらいの資産を形成されることをお勧めします。

資金が少ないうちは、焦って投資をしなくてもいいのです。

じっくりと経済や投資の勉強をしながら、貯金をしましょう。

 

元本保証の資産運用

 

・冒頭の落とし穴の対策

では。ここで、冒頭で紹介した不安定になりやすい投資の対策を具体的に紹介します。

 

500万円以上で投資を始める(100万円などでも、もちろん良いです)

利益が出ると、ある程度まとまった額になるので満足しやすい

そんなに頻繁に売買を繰り返さなくて済む

自然と、景気の流れと連動した投資をしやすくなる(利益を得やすくなる)

結果として、資産運用が安定しやすい

 

いかがでしょうか?

資金がある程度大きいだけで、投資の落とし穴から脱出しやすくなります。

 

・具体的な500万円の資産形成方法

具体的に元本保証で資産を形成する方法を覚えましょう。

これができると、株式投資などで資金を運用中も、引き続き元本保証で資産が形成されていきますので、かなり早く大きな資産を形成することができます。

 

方法は簡単です。

銀行へ行って、お給料日直後に数万円を別の口座(定期預金など)に引き落とされるように設定します。

以上です。

 

簡単すぎる方法ですが、これだけで元本保証で500万円の資産を形成できます。

「もっと手軽にお金を得たい!」

とお考えの方は、ご注意ください。

そのように目先の利益を重視して投資をすると、冒頭の「投資の落とし穴」にはまりやすくなるからです。

 

まとめ

・まずは預貯金で500万円くらいの資産を元本保証で形成する

資金が少額な時は、無理に投資をしない(少額での積立投資に走るのも、デメリットがありますのでご注意を)

・投資に適していない時期は、無理せずに預貯金に資金を回して、元本保証で運用する

 

 

皆様の投資の一助になれば幸いです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

*