株価は未来を割り引いた物。

資産形成の勉強をすると、ニュースが楽しくなる

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

理論株価というのは、企業の未来の利益を割り引いたものです。

というと、なんだか堅苦しいですね。

私も資産形成の勉強を始めたころは、何のことだかさっぱりわかりませんでした。

それでもしぶとく勉強を続けていくと、「ああ、こういうことか」と身をもって(少しかもしれませんが)理解できるようになってきたと思います。

また、これは私としても意外な発見でしたが、ニュースを見聞きすることが非常に楽しみになります。

いまでは少し空いた時間があれば、ニュースをチェックしています。

なぜでしょうか?

それは、ニュースを知ると、世界の景気の動きが分かるからです。

世界の景気の動きが分かると、いまの世界の株価の動きの理由もわかります。

それは、株価が企業の未来の利益に左右されるからです。

こうして考えてみると、資産形成の勉強とは、世界の動きを刷ることとも関連しているのかもしれませんね。

それではまた。

 

関連記事

  1. 雑記。ひげの効用?

  2. 金融教育研究所のホームページを少しだけ改良しました。

  3. 書籍のお礼

  4. 資産運用おすすめ本

    【広島のファイナンシャルプランナー】5ポイント解説

  5. Yen SPA! 2020年冬号に記事が掲載されました

  6. 新刊発売のお知らせ|相談できる広島のファイナンシャルプランナ…

最近の記事

  1. 資産運用

月別投稿記事

PAGE TOP