元本保証の投資【ランキング】1位・2位・3位をつけるなら?

減る可能性のない資金の運用先なら?

投資には、リスクがあります。

このリスクとは、いわば「投資が予定通りにいかない可能性」ですね。

そして多くの方は

「リスクが怖い!」

「大切なお金だからこそ、絶対に減らしたくない」

と思うところです。

今回は、減る可能性がまずないと思われる

金融商品を3種類の利回りとその中身を見てみようと思います。

ちなみにランキングは、筆者の独断によるものです。

退職金運用

1位 個人向け国債長期変動10年もの

  • 利回り 0.05%  2018年7月
  • 元本が二倍になるまでに要する時間(複利運用したと仮定)1440年

文字通り、日本国の債券

日本国が破たんしない限り、元本保証。

そのため、おそらく大丈夫だと思われる。

資産運用

2位 預貯金

  • 利回り 0.01程度 2018年7月
  • 元本が二倍になるまでに要する時間(複利運用したと仮定)7200年 

(金融機関によっては0.001%のところもあり、72000年の計算になる)

預金保証制度により、守られている。

1行 1000万円までは大丈夫だと思われる。

補足 預金保証制度について

預金保険制度とは、金融機関が破たんして預金などが出せなくなった場合、

預金者を保護する制度のことです。

対象金融機関は、いわゆ銀行や信用金庫、労働金庫、などです。

  • 対象:預金・定期積金など

※決済用預金は全額保護

1つの金融機関につき、元本1000万円とその利息までが保護されます。

1000万円を超える部分は、破たんした金融機関の財産状況に応じて変化します。

預金で元本保証を追求するなら、1000万円を超える部分は、

別の金融機関へ分けて預けることが重要だと思います。

※外部から見て、どこの銀行が危ないかは、良く分からないため

3位 MRF

  • 利回り ほぼゼロ?

中身は、短期国債などで運用されている投資信託の一種。

正式名称はマネー・リザーブド・ファンド

以前は、国債よりも簡単に売買でき預貯金よりも利回りが良かったが

マイナス金利政策の影響で、ほぼゼロになっている。

正確には、投資信託のコストと相殺されていると思われます。

証券会社の口座にお金を入れると、基本的にこのMRFになります。

投資信託なのですが、これまでのところ、元本割れは内容です。

将来も元本割れをしないかまでは、分かりません。

まとめ

元本保証の投資ランキングを見てみましたが、

なかなかつまらない感じになりました。

(ちなみに、利回りの良さそうに見える外貨の預金は、元本保証ではありません。そのため、ランキング外となります。為替によってマイナスになることがあるからですね。)

現在のマイナス金利下では、元本保証の金融商品は投資先として、

あまり魅力的には見えませんが、実はとても重要です。

資産運用が合理的にできている人ほど、この部分を上手に使っていると感じます(使わざるを得ない)。

また、金利が上昇した場合にも、やはり同様にとても重要です。

しっかりと覚えておいても文字通り「損はない」と思います。

関連記事

  1. 20代なら毎月いくら貯金すべきなの?キーワードは財形!

  2. 資産運用

    銀行で外貨預金がおすすめされるのはどうして? 元本保証なの?…

  3. 広島市のファイナンシャルプランナー

    貴金属・プラチナ投資にご注意【価格推移】は今後はどうなる?

  4. 料金

    仮想通貨とは何か?初心者向けの簡単な6ポイント説明

  5. 金利の高い銀行【キャンペーン】を探す前に理解したい【6種類の…

  6. 日本銀行

    プライベートバンクとは?利回りが普通よりも高い?

ブログ統計情報

  • 153,782 アクセス

最近の記事

  1. 投資セミナー
  2. 初心者向けの株式投資の勉強
  3. 資産運用

月別投稿記事

PAGE TOP